B級スポ!?

2010年12月11日 (土)

大阪人権博物館へ行ってきた☆

Dsc06404

翌朝sun私の観光ガイドbook日本珍スポット100景」に載っていた、大阪人権博物館run 行ってきましたdiamond

毎週clover月曜休みなのですが、この日は人権週間で開館しておりdoorかつ無料。

それは行かねばcoldsweats02 って事で、ちょっと時間が無かったのですがdashsweat01超・競歩でfoot一人サクサクと見てきました。 (もといcoldsweats01 後から見ようとcameraバシバシ…shine)

まぁpaperザックリ言っちゃえば、珍スポガイドのコチラeye 読んでいただければ分かるのですが。

行く価値のあるmemo博物館だと思いました。

自分の興味あるジャンルがbud多かったからかもしれませんが…

色々とeye ハッとさせられました。「これも人権か~」と思ったりtulip

Dsc06406

Dsc06424

Dsc06438

Dsc06440

特に見たかったのが、最後の方にあるpig 部落のコーナー。

Dsc06561

Dsc06560

あまりrestaurantお肉関係はなく、皮職人さんの展示等がありました。

皮にさわってみよう!」のコーナーでは、鹿や馬、猫がありましたhorse

うう…(;´Д⊂と思いながらも、paperサワサワ。 鹿は薄くて柔らかでしたcat猫はカチカチsweat01

最後、お土産コーナーの手前、閲覧用のbook過去特別展の冊子の中に、凄く良い資料がありました…sign03「これ絶対買うっ!!shine」と思ったのですが、博物館の方に聞くとcoldsweats02 もう販売はされていない本でしたclover

う~…( ̄皿 ̄;) と、指をくわえながらもcamera 約束の時間が迫っていたので、博物館を後にしました。後日pc検索&某所に発見~shine

またbook 手に入れたら、アップしたいと思いますcatface

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

大阪歴史博物館へ

Dsc02474 Dsc02486

Dsc02489

Dsc02497

さて記事がズレ込んでおりますがgawksweat02飛ばそうかと思いつつ、せっかく時系列順にアップしていたのでdiamond維持でupsign01

難波八阪神社leo獅子頭を見た後は、なんば駅からsubway地下鉄を乗り換え、谷町四丁目へ。

NHK大阪放送局とrain同じビル内にあるbuilding大阪歴史博物館へ行ってきました。地下の見学ツアーear聞いてきたかったんですけどwatch時間が合わずsweat01 結局 常設展だけfoot見てきました。

エレベーターで10階に上がってから、順に下へと降りていく形式。途中でcloud 大阪城が見えましたcatface 何かラッキ~shine 大阪上って、天守閣が黒くて★格好良いのね。

Dsc02503

Dsc02516

Dsc02527

Dsc02528

Dsc02552

upwardleft(camera左端)night寺社の縁日に現われた、見世物興行「のぞきからくり」 (江戸時代後期~第二次大戦頃)

お隣辺りのvirgo外国人観光客や、おじいちゃん等の団体がgemini見学に来ていました。近代現代フロアではtelephone「この辺(大正末期~昭和初期)となると懐かしいな。」と、後ろから解説が。

Dsc02566

Dsc02600

Dsc02609

Dsc02618

Dsc02624

実物大マネキン達が、生活を再現していましたcloud こゆの好きだなcatface

皆様camera いたる所でshine記念撮影~。

Dsc02625

Dsc02627

Dsc02637

常設展を見終わった後、building大阪の観光地(主に箱モノ)のパンフがズラリと並んでいるスペースがあってpaper行きたいと思った所のmemo頂いてきました。人権博物館のチラシが丁度cloud空になっていたのが残念でしたが。

時計を見てwatchちょっと急ぎめにrun(やっとこさ)ミニベジ会restaurantあじゅへと向かいましたcoldsweats01

| | コメント (2)

2010年6月 1日 (火)

難波八阪神社でご対面~☆

Dsc02426_2

ワンダーJAPAN vol.2 2006sun夏号「特集・大阪ワンダー」にbook 載っていた難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)の巨大な獅子頭のleo 獅子舞台を見に行ってきましたっshine

昨日行ってたら晴れててcamera撮れたのになと思いながらも (早朝起きてbullettrain出立するのに躊躇した自分が悪いcoldsweats01) 雨降る中のrain 獅子頭も素敵…!catface

超ド級なデカさspade精悍な顔立ちに、思っていた以上に感動してshine「うわ格好イィ~sign01カッチョエェ~…happy02shine」と心で呟きながらcloud 回りを一人ぐるぐるrecycle 右行ったり左行ったりしてfuji 観賞していましたsearch
(マニアックに長くとがった眉毛とcatマヌケな横顔もキュート…heart02)

Dsc02432

Dsc02444

Dsc02437

Dsc02433

鏡内には誰~rainもおらず、upwardleft獅子頭の顔にchickクルックーと鳩が羽根を休めていました。

Dsc02460Dsc02454手水場(ちょうずば)もleo狛犬(しかもセンサーで自動)で、お賽銭箱がある拝殿も狛犬が2体づつscissors
Dsc02412バロンや、獅子舞・シーサー・狛犬が好きな私にとってはheart04まさに聖地な場所でしたっ(*´∀`*)heart

お守りは買おうかな~…と思いつつmoneybag結局買わなかったけどcoldsweats01

来て良かったなぁ~と大満足…diamond
長くここに残っていて欲しいcute神社でした★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゚.+:。

| | コメント (6)

フェスティバルゲートは解体中

Dsc02398_3

Dsc02401

Dsc02400_2

大阪に一泊した翌朝rain外は見事な雨模様。

41xhm4vpzcl_sl500_1

ワンダーJAPANが発売されるずっと前から、好きだった本book新ニッポン百景 ’95~’97 (帯のコメントはこの国にはあまりにも無駄なものが多すぎる) P.388「頑丈な日常」camera載っていた、フェスティバルゲートを見に行ってきましたrun

総工費dollar300億円…sign03

私もsad 中入ってみたかったんですけど。残念ながらdanger 解体工事に入ってしまっておりrecycleぐる~と一周 回ってみても、door入る場所が無くなっていました。う~ん残念…sweat01

でもこんなビルから突き出してbuilding街のど真ん中で、ジェットコースターの絶叫がthunder響き渡っていた訳ですね。やぁ 豪快ですbullettrain大阪。

Dsc02404

Dsc02409

まだ営業しているお隣のfootスパワールドの階段を上がると、大阪らしい景色が一望出来ました。(まだ朝だから開いてないけどsweat02

さてeye 西へ行こうか北へ行こうかと思いつつ…ここは自分に正直にpaper 昨日sun大阪に到着してから、本当は寄って来たかったけどwatch時間的に諦めたスポットへ向かうべく、subwayなんば駅へと向かいました。

| | コメント (4)

2009年10月 5日 (月)

キューピーと玩具の★想い出博物館

Dsc07945

Dsc07947

Dsc07949

Dsc07953

Dsc07952そんなこんなでfoot想い出博物館へ到着pisces
右側には駄菓子が販売されていて、入口にはhouseチープな明治のアンティーク日傘sunが置いてありました。(ちっせ~)cat可愛いheart04

Dsc07950さて中はcamera撮影禁止だと知っていたのですが、お店の方に伺うと、virgo「あ、軽くなら…いいそうです。」とのお話sign03heartΣ(゚□゚*)。
入場料300円を払うとdoor、中の電気がつけられflair(だから私しかいない)。お店に流れていたラジオはOFF、ジャジィなメロディーがnotes流されました(別にラジオつけてくれてて良かったケド)、アンティークな雰囲気にBGMが合うnote

で、そんな御好意をdiamond言って頂いたので、pcアップするのはダメだろうと思いsweat02sweat02
((ノ)゚ω(ヾ))省略するつもりだったのですがsweat01 御免なさい、少しだけ…宣伝兼ねてsign01厳選ピックアップshine

Photo Photo_2

Dsc08000

Dsc08013

一階には、ショーケースの中に玩具が所狭しと陳列されていましたnotes。ブリキの人形、タンバリンの猿、全国各地の手作り人形お土産wave、(何故か)河童の人形郡、ホラーなvirgo人形、ジュリアナ踊ってるnotesジェニーちゃん、shadowナルちゃん(皇太子)人形、ケネディ大統領、文化人形、眼鏡外したeyeglassDr.スランプかと思いきや∑(=゚ω゚=;)「あさりちゃんと表示されている人形(人形あったの?)、そしてtulip私の子供時代upwardleft(懐かし~shine)。
不細工な造形のleoソフビ動物達に、camera蜷川実花cherryblossom題材にしそうな、原色ピンクや赤のpiscesソフビ鯉やアヒルや金魚。
戦時中の玩具bomb(戦雲が濃くなるにつれ、まずブリキ製品が消えて、セルロイド・木製が消え、そして玩具が消えましたとさ…)(召集令状の玩具もあったよbearing)。何故か桃の仮面を被っているappleシュールな桃太郎。日本人形のmapleカツラの着せ替え。江戸時代の世界に先がけた着物の着せ替え人形(紙製)。

Photo_6

Dsc08106

Dsc08113

Dsc08114

Photo_7

キューピーといえばcloverキユーピーマヨネーズな印象ですが、本来キューピーの著作権をsun取得しているshine「日本キューピークラブ」が、10年前buildingキユーピー株式会社を訴えたそうで(キューピー人形著作権事件)、キューピーの元はribbonローズ・オーニールという女性が描いたbook絵本が原作。(左がupwardleftローズ・オーニール人形)

Photo_8Dsc08175_2C0061405_151138561この原作の絵が途中のrun階段にかけられていたのですが、大層可愛かったですheart04。私キューピーって、御当地モノとか、タラコのとか怖くてshocksweat01嫌いなのですが、原作のとかcherry原作に近い←アクションキューピー(ってシリーズの人形)は可愛い~heart01なぁとcatface
(関連図書「ハートとキューピー」「キューピー村物語」「
キューピーさん」「愛の天使 いつも、そばにいるよ」「」「20世紀の天使たち」)。

歴代のや、可愛いの等secret 千差万別なキューピーがいましたが、upwardrightキューピーの型(人形製造工場的な)や、落雁の菓子型のキューピー、軽くホラーな黒キューピーgoodシュールでした。

Dsc08188 階段の途中にある、tulipバラの花の上で頬づえをついておすましをしているcameraキューピーの写真が可愛かったのでheart01絵葉書があったら欲しかったのですが…

無かったのでpencil他の【京都限定】原作に近い絵葉書を数枚loveletter購入。

あと表の駄菓子屋で、玩具の何ちゃってナイフ(150円)を買いました(笑)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

Dsc08200Dsc08208Dsc08204 その後歩いてfoot、南下。

田んぼの稲穂とか、落柿舎が見えました。

京都では人力車をよく見かけたのですが、途中の踏切で『研修中』の人力車とすれ違いました。「ここで一旦止まって~…」みたいな説明を先輩がしてgemini後輩が2名乗っていた。それにしても美脚で、よく走るな~…。ちなみに昔の人力車の車夫は菜食だったんですヨcatfaceclover

何故かまたrecycle竹林の道に戻ってきてvirgo、元の場所へ。
再びオルゴール博物館が目の前に…sign01Σ(゚□゚*)これは行けって事デスカsign02と思いながらもmoon3(入場料千円だしwatch説明聞いてたら30分かかると言うし)、nightそのまま前夜祭へ迎えばfoot他にも見れたけど、一旦宿泊先に荷物を置いてcloud一息つきたかったのでcoldsweats01、これにて観光終了。train嵐山を後にしました。

他にも行きたい所があったのですが、それは京都駅の北の方だしpaper。(◎´∀`)ノまた来年~maplemaple

| | コメント (2)

軽くホラーな 愛宕念仏寺

Dsc07804 Dsc07806

Dsc07807

Dsc07808

私が観光の参考に拝見するのが、pc日本珍スポット100景」。←このスポット、こんなこと書いてあるしshock、そういった世界にtyphoon死ぬまで関わりたくない私としては(rain雨予報だったし) 、今回は(も)やめようと思っていたもののsun何故か天気は雨あがりshineそんなこんなで、愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじへ向かいました。お寺がある周りはclub鬱蒼とした森の中。シン…とした清らかなcloud空気が包んでました。門から既に、変な像がお出迎え。拝観料300円を払って中へ…moneybagの前に、eye「見て回るのに、どれくらいですか。」と聞くと、「早い人は、パパッと見てdash降りてこられますし。じっくり見られる方は、30分くらいでしょうかwatch?」とのお答え。

何がホラ~てtoiletまずこのトイレ。「靴を脱いで」て、誰かに盗られたらщ(゚Д゚;щ) どうすんじゃい~sign03と思いながら(客はvirgo私以外いないし)、意を決してshoe My靴を外へ置いてきぼり(中はスリッパ)、「汲み取り式なので、中に物を落とさないで下さい」と注意書きがmemo貼られたのドアをdoor開けると、小さい蚊か!ブヨか!何だか知りませんがっ! ブアッッ…!っと飛び上がり、
ギャ━━Σ((゚゚дд゚゚ ))━━sign03sign03と思いながらも、まだ虫が少ない方へrundoorマッハで突撃ッsign01用を足してenter脱兎と逃げましたsweat02sweat02

Dsc07822

Dsc07836

Dsc07824

Dsc07825

入ってスグがtyphoon清滝トンネルの近く(写真の道路の左側)。お寺に入る前に、「わぁ~sweat01 あれかぁ…。」と思いつつ、な…何か写るんだろうかとbearing ビクビクしながらもshadow一つ一つ作者が違う、手作りの羅漢さん達をcamera激写。 列の前を通る時は、「前…paper失礼しま~す。」とfoot声をかけながら通りましたcoldsweats01。 (何か、四角いモノが写ってるけど…ここが暗くて、向こうのbus車道が明るいから、何かの反射かカメラのゴミだと思うよ…)

Dsc07831Dsc07829Dsc07833 Dsc07834

Dsc07835 

羅漢さんshadow人間のハズなのに、一つだけどう見ても、何の造形なのか分からないのがありましたupwardleftヽ(TωT)。何これnightエイリアン…sign02 地球に取り残されてfullmoon、造形として残されたのだろうか(それとも奇形…?)途中彫りかと思いきや、どうやらこれで 完成らしい、超漫画的デフォルメセンス抜群な羅漢さんが、存在感放っていました。

Dsc07819 Dsc07840

Dsc07841

Dsc07842

Dsc07852 上へ上がっていくと↑3つの鐘があったので、鳴らしていいのかなと思いつつ、ガゴ・ゴーン、ゴーン…bellと三つ鳴らしてみる。

本堂のあるfootひらけた所へ立つと、誰もいないxmas(さっきから、誰もいないcrying)。
一旦shoe立ち止まってみると、湧水の流れる音とtyphoon虫の声しか聞こえないear

途中、手で触られることを喜んでくれるという、観音像がいる御堂があったのでhouse「失礼しま~す…」と言いながら(小心者)⇒中へ入り。 顔をなでなでpaper

Dsc07856Dsc07857Dsc07862Dsc07866上はさらに苔むしった羅漢達が、(というより、苔の像…)ずら~と並んでいました。可愛いのもあるけど…clover何か、苔の生え方が もののけ姫みたい。(髪の毛てっぺんに伸びた苔をpaper触ってみる)。一瞬、eye上に誰かいるッ…!! と思ったら、黄金のshine菩薩でした。(ビビるから(;´Д⊂ヤメてよ)

Dsc07867 Dsc07869

Dsc07871

Dsc07873

上に上がると、何ともブッさいくなcoldsweats02 ボスキャラ的像がshadowお出迎えdownwardleft。カラーでartしかも…この潰れた、饅頭のような造形。帰りお寺の人に思わずvirgo「上の象はpaper何であんなに、ぶ細工なんですか?」とストレートに聞いてるヤツcoldsweats01。(住職が作ったhouseお釈迦様だそうで、周りが素人の手作り羅漢さん達だから、綺麗なの作っても 何だし、周りに合わせて 遊び心で彫られたそうです。)(それで良いっていうcloud日本の宗教のユルさがイイねsign01)

Dsc07893

Dsc07892

Dsc07891

Dsc07883_2

Dsc07888

首が無い草に覆われた羅漢さんも…、新しく作られて一人白く輝く羅漢さんもいましたupwardright

Dsc07895 Dsc07898

Dsc07899

Dsc07902

ずっと一人で観ていたのですが、ここでやっとcameraカメラをもった年配の女性がvirgo一人上がってきました。
「こんにちわ」「こんにちワー」と挨拶を交わすribbon。いかにも観光客な姿で現れてくれて良かった…dash

Dsc07903

Dsc07904

Dsc07906

眼鏡をかけた羅漢さんは、

藤子不二雄キャラを彷彿とさせます
(口にコイン)。

あとはグローブはめて野球してる羅漢さんとか(その手にはコイン)、

烏天狗の羅漢さんもいました。

Dsc07912

Dsc07914

Dsc07917

Dsc07919

Dsc07920Dsc07930

この後、またバスに乗って嵯峨釈迦堂前で降車、(御法堂弁財天前busで降りて南下しても良かったな…)。
西へ向かってテクテク歩きfoot、キューピーと玩具の想い出博物館へと向かいました。

Dsc07932 Dsc07938

Dsc07939 Dsc07940_2

途中upwardleftお豆腐屋さんがあったり、1150円の精進ごはんランチが頂けるhouseMOMI CAFEがありましたclover この時14時過ぎくらい(だったかな?)、ランチ売り切れのmemo張り紙が出ていましたriceball。中はシンプルな空間で、無駄がなくcafe 凄く…お洒落shine

少しenter久遠寺の辺りを迷って、想い出博物館へ到着foot

| | コメント (2)

2009年6月22日 (月)

名古屋にあるチベット寺院

Dsc05455名古屋のチベットmapleと言われていた所に、本当にチベット寺院が建立されたのが2005年。行こうheart04行こうhappy01 と思いつつ、「撮影禁止だってcamera」という話を聞いて、「何だ、行く意味ないじゃん…think」と弱冠down忘れかけていましたが。

先月foot行ってきましたshine(アップするのも忘れてたわ) 日本初の本格的チベット仏教寺院 強巴林 (チャンバリン)

雨がぱらつくrain怪しい天気cloudガランとしていて、人っ子一人いませんでした。

階段を上りきると、「これより先、撮影ご遠慮願います」の看板が。(blog写真はここまでですがcameraそりゃも… 以下略) bellマニ車を回してpaper(チベットの経典が入っておりrecycle右回りに一周させると経典を1回唱えたのと同じ功徳が得られる)中に入りますvirgo

Dsc05345_4 Dsc05349

Dsc05346 Dsc05350

Dsc05426

もしshadow勧誘受けたら、bellチベット仏教でも入るか…sign01(漫画のネタに)くらいの心意気で行ったのですが、中には誰もいませんでした(たまたまだろうけど)。(いや、そ勧誘なんてそもそもcoldsweats01 無いでしょうけど。) 中に入るとdoorお守りや、2つの金剛杵 (こんごうしょ)が十字に交差したビッソヴァジュラのペンダントとかも売っていました。う~ん、首に刺さりそうだ。デンジャラスshine

奥に見えるdiamond御本尊(12歳の釈迦牟尼像)の手前に、僧侶が修行をする場所がありchair艶やかな柱が取り囲む回廊をsun右回りにぐるりと移動して2階へrun。壁にぐるりと金剛バイラヴァカーラチャクラ等のタンカ(仏画)が描かれ、ここの建立をした女性住職が修行に使ったらしい錫杖(しゃくじょう)memo経典、建立の経緯等がcamera展示されていました。

2Fは吹き抜けになっており、下をのぞくとeye1階が見えて、吹き抜け部分にはconfident ぐるりとカラフルな顔が取り囲んでいました(…女性かな?kissmark菩薩っぽい)。

Dsc05439Dsc05444_2鏡内を見終わった後、建物の後ろへrun回るべく階段を上がりました。寺院の屋根や細工だけ見てると、本当にチベットそのものshine (私は写真で見てpen描いてただけですが)

遠くに工場がcloud煙をモクモクと吐き出していて、なかなか秀逸な画です (あれ何の工場だろう…searchと思ってましたが、グーグルマップで見る限りpc金山化成春日井工場?かなぁ)

Dsc05436 上りきった階段の上にはmist いかにも作られた池が(天国?)ありdiamond仏塔がありました。意味は不明。

帰り、チベットの物産品を販売している(敷地内入ってすぐ左手にある)建物、パルコル広場へshoe

Dsc05343_2 何かeye いいものがあったら、買いたかったのですがpresent水晶とか…ガラスケースに入ったような物とか、弱冠高級志向(?)な感じでした。しゃがみながらvirgo店内舐めまわすように観賞していると、いきなり目の前にimpactヤクのはく製(ヤクの毛を使った、ミニチュア置物)が現れ、おもわず「うわっ!」sweat01とビビリましたcryingいや、現地で食されたtaurusの有効利用かもしれないですけどね…。

「アレ何ですか~sign02」「これ何ですか~catfaceheart04」とお喋りなshadow店員さんに聞きまくり、「楽しかったでーすhappy02 ありがとうございました~shinesign01」と去る私paper (オイ)。

手で回す小型のマニ車notes買いたいな~eye と前から思っていたのですが (人に使われた中古の方が値段が高く、新品は銀色に輝いていました。そうかshine最初はあんな輝きなのか。) そんな安くもないのでmoneybagヤメておきました。

Dsc05456_2Dsc05353

帰ろうと歩き出すと、cute宗教拠点っぽく clover道なりを清掃する方達がvirgo「こんにちわ~」「こんにちわ~」と挨拶をしてきました。負けじと挨拶!「こんにちワ…」。

野外民族博物館リトルワールドのチベット(ネパールだけど)はチープですがgawk、強巴林(チャンパリン)はチベットのお寺と同じ様に作られているhappy02 建物なだけに、あそこよりはgood満足しましたsign01 1回行けばshoeもういいけど。(イベントでも無いかぎり…)(仮面舞踊とかやって欲しいな)。

もう終わっちゃいましましたけど、最近まで九州国立博物館memo「聖地チベット」展やっていました。仕事中、その広告を目にした時 eyesweat02airplane飛ぶか…sign02」って頭をよぎりました。チティパティ(墓場の守り主)(髑髏の仮面装束)が展示されてたみたいでspa見たかったなdog

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

内藤記念くすり博物館へ行ってきた!

Photo

前から行きたいと思っていた内藤記念くすり博物館clover

やっとこさ行ってきましたhappy01

rvcar企業博物館でmoneybag入館は無料。

名前を記入して入りますpencil(チラシと飴頂きました)

見終わった後気づきましたが、入ってスグに無料のロッカーがscissors

最初にお出迎えするのは…「白沢像diamond

Photo_48Photo_47【白沢は古代中国の想像上の神獣で、6本の角、9個の目を持ち、人の言葉を理解し、(キモッ!) 病魔を防ぐと信じられてきました。日本では病魔除けや旅の守り神とされました。江戸後期にコレラが流行した時には、白沢の絵が売りに出され、人々はこれを身につけたといわれています。】(説明文より) taurus人面牛ですね~。顔がオッサンなところが珍しい(…てか全然可愛くないsign01)。温泉に入ってspa「くはぁ…」とか言うんでしょうか。体の目もかなりシュールです。

Photo_6 Photo_7

Photo_8病魔によって病気がもたらされると信じていた昔、神仏に納めて回復を祈る為の、絵馬や子供の成長を願ったおもちゃ(お守り)が並んでました。sprinkle「もとの身体にかえる」様に、カエルの絵が描かれていたり。目が8つ描かれていて、「やむ目=病む目」が直るように (-人-;) とか。

日本のお守りや伝承(神サマ)とかtulip、親父ギャグというか、言葉遊びの発展上(語呂合わせ)っていうパターンcloudばっかですね。

Photo_9 Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

白沢の絵もありました(左3枚)。虎のはthunder江戸で流行した病気(コレラ)の根源だと恐れられた妖怪『虎狼狸(ころうり)』。虎と、狼の身体と、狸の金玉がついてる化け物です。走りにくそうですね。pencil一番右は「為朝と疱瘡神」 ミミズクがなんか変。

Photo_17

Photo_14 Photo_15

Photo_18

Photo_16

ベジ的にグロッキーな「生薬(しょうやく)コーナ~leoshine【動植鉱物から採取・加工したもの】。

一角の歯牙、冬虫夏草、ヘビにミミズに、サイの角、サルの頭や、亀の腹甲、鹿の角をスライスしたものに、人の胎盤etc…。japanesetea珍しくてなかなか手に入りにくい貴重なものは、何でも薬と成り得たようです。

中国・ベトナムに生息するsnailオオヤモリを乾燥させたものは強壮、強精薬、咳に。toilet雌雄一対で用いるとか。雌雄一対で服用する意味が分からんsweat02

Photo_20 Photo_21 Photo_22「神農像」がありました【もともと神農とは、農耕を教えたとされる農業神でした。しかし後生になると、市場を開き物々交換などの商いを広めたことから、商業の神とされたり、医薬の神としても信仰されるようになりました。】薬草でclover身をまとっていて、頭には角が2本あります。河童みたいでtyphoon可愛いですね。

葛根湯のコーナーにjapanesetea、ヤカンがありspa「薬缶」と書かれていました。元々は薬を煎じたので、薬缶(ヤカン)と呼ばれるようになったそうですcatfacediamondなる程

Photo_23 Photo_24ツボの位置を示した、経絡図と人形がありました。う~ん、インパクト大shine。ロボットみたい。

針とお灸の展示があり…

熱いお灸をしてvirgo顔を歪める女の顔が、浮世絵の題材として人気goodだった様です→

苦悶する女の顔がribbon萌えるって事ですね。

昔も今も、基準は変わらんな。

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4










↑町中を行商する薬屋、「定斉(じょうさい)売り」。「定斉(じょうさい)japanesetea、豊臣時代・大阪の薬種商shadow定斉が中国の薬法を得て作り始めたという夏季の諸病に有効な煎じ薬のコト。」

定斉売りはrun「自分の売る薬を飲んでいれば、夏の暑さに負けないはずだ」と夏の炎天下sun笠もかぶらず一対の薬箱を天秤棒でかつぎ、歩行に拍子をとりながら、薬箱の引出しのsign05(わ)を「カッチャカッチャ」と鳴らしてnotes、売り歩いたそうな。(一番右・説明文撮ってくるの忘れたcamera確か無料で枇杷茶をふるまう行商。japanesetea茶がこぼれてると思う)

Photo_5Photo_8

Photo_7

10

約300年前moneybag富山藩と行商人が力を合わせて発展させていったfuji富山のくすりやさん」は、一年に一度やってきてhouse置いておいた薬の中からpaper使った分の代金だけを受け取り、減った分のくすりを、袋や箱に補充していました。

Photo_9Photo_10この時に「くすりやさん」は、必ずpresent紙風船や富士絵(綺麗な色刷りの版画)をお土産に持っていったので、大変喜ばれましたとな。(各地でニュースを聞きthunder伝える役目もアリ)

子供専用のお土産なんて、fastfoodファーストフードみたいだ。後でupwardright2階に上がった時、この紙風船を作ろうsign01(10円)が無人販売所みたいに設置されていました。紙風船というよりは…ただの紙の立方体では。

ここでは貰った版画のお気に入りをartペタペタと貼られた屏風も展示されていました。ああ…分かるよその気持ちribbon。私もお気に入りのポスターとかチラシとか、Myルームに貼りまくるからhouse。後世にこんな形で、展示されるとは思って無かっただろうね(´ω`;)

2 Photo_11

Photo_12 Photo_13










気に入ったのが、昔の薬の袋pouch。主に家族が協力して、文字を刷っていたようです。tulip2色刷りとか。

house内職的にgemini家族がせっせと作っていたと想像出来て、微笑ましい。

Dsc03731_2

Photo_16 日本産だけど→西洋風の名前の薬clover第一号がこの「ウルユス」だったそうです。

でも外国語ではなく、「ウ」「ル」「ユ」の3文字を組み合わせると、「空」という漢字になりcloud(カラ)(る)…」。

つまり胃腸を「空(カラ)にする薬」だそうです。

ああ…またしても、親父的センス。

その後真似してカタカナ名の薬が流行ったとか。「ホルトス」「フルイム」

Photo_25Photo_17 Photo_19

くすりを作る為に用いたrock、道具も展示されてますclover

茎の長い薬草は「片手切り」(camera一番左)で切ったとか(包丁が悪くなりそうだ)。「両手切り」(固いものはこれで)や、生薬を粉にする「薬研」「石臼(いしうす)」。サイの角など固いものを削った「鮫皮製けずり器」(鮫皮が生板の上に張られている様なつくり) 等が並んでます。(江戸時代の大型の製丸器も)

薬の名前をsecretギュッと圧して刷るヤツが、チョコレートみたいheartと思ったり(camera左から2つ目)wink一定の数の丸薬をすくいrestaurant、袋に入れることが出来る「丸薬計数さじ」(camera左3つ目)が、頭良いな~と思ったり。

Photo_27Photo_28ポルトガル人やオランダ人がwave西洋の文化を伝えはじめた、16世紀。海外の薬も入ってきて、軟膏の元としてオリーブ油が「ポルトガル油」と呼ばれて重宝されたとかbud

(長崎を通じて日本に入ってきたオランダ徳利(とっくり)→)

蓋が飛ばないようになっている、dog鎖付き瓶が気になりますbottle「発酵性のお酒か、漏れると危険な薬が入っていたのでしょう。」 と説明文。

各国の薬瓶も並んでました(一番右)。スペインのはclover中身の薬草の絵が、瓶に描かれていて実用的かつshine美しい。

Photo_26

Photo_21

Photo_22 Photo_20

tv蟲師が好きだし。短編でpen描こうかなと思っている、漢方師のネタもあるので、こういうの見てるとゾクゾクしますcatfaceheart04。パタパタと観音開きで、担いだ薬箱が開いて…diamonddiamond機能的なものって格好良い。

右の二つは「百味箪笥」。様々な生薬を整理し、使いやすく収納した薬箪笥。医師や薬屋の備品として欠かせなかったとか。韓国のには、生薬名が直接引き出しに書かれてたりgood

Photo_29 Photo_34Photo_32

Photo_37

Photo_35この後はザックリ省略(笑) 

薬の重さをはかる為の「銀秤」入れがnotesバイオリンケースみたいだと思ったり。

毒を消す作用があると信じられていたサイの角upwardright「犀角器」にbottleお酒を入れて飲めば、毒が入れられていてもscissors大丈夫shineとかありました。

いや、死ぬだろう。

←中に入って下で火をたいて、蒸気と共に薬草成分を浴びる蒸気風呂spaが拷問道具を彷彿とさせる。

Photo_40Photo_38 2階では企画展「くすりの夜明け」を開催中moon1

現代までの薬や、戦時中の救急箱(鞄)、診察室のdoor再現や、医療器具、診察鞄や、吸入器、ポスター等が展示されてて。

Photo_3 右のは、一緒に食べてはいけないとされていたrestaurant食い合わせ」。これを守ればdelicious大丈夫と信じられていたようで、今ではmemo科学的根拠がないとされています。…が、ナチュラルハイジーン的にはappleあると思います。ハイ。西瓜と天ぷらは、よろしくないよね。(特にfish動物性の場合)

この時houseにこりんぼうさんの所でゆっくりし過ぎたのかwatch、最初からじっくり説明を読み過ぎたのかcoldsweats01気づいたら4時sign014時半にdoor閉まるので、残り30分run。後でもじっくり見れるように、camera撮りまくりながら見て周りました。

artアメリカの画家ロバート・アラン・トムbook医学関連書の挿絵として描いた作品が良かったのですがeye、ゆっくり見れなかったのでpc後でググってdash画集でも借りよ~と思ったら…sign03見当たら無いよ~coldsweats02heart03

最後2階には、pc脳年齢チェックshineだとか、自分のデータが知れる機器が置いてありました。virgo身長・体重・体脂肪計・骨健康度計・全体反応測定器・握力計・血圧計。カロリー計算もありました。時間があれば、測定やりたかったかなhappy01

Photo_42Photo_43Photo_2 くすり博物館ではbud薬草園の見学やイベント等開かれていてmaple「薬膳弁当」の案内もあったので、お聞きしたらvirgoお肉は入ってる様でした。

←受付の上にはchair、白沢ストラップが販売されています。陶器ではなく、硬めのゴム製。真っ白だったので…、目部分にpen線画も入れた、リアルバージョンなら欲しかったかなcoldsweats01(笑)

歴代のカタログも販売されていたのでbook一番安い250円のカタログを一冊買いました。カラー写真で簡単に網羅してあって良いcatdiamond

Photo_44 Photo_45 Photo_46 博物館横の温室では、日本では数例しか報告されていないマンゴスチン(果物の女王)の開花・結実がされたそうですがtulip残念ながら散水が始っていたようで、博物館を出た時にはdoorスデに閉まっていました(寒かったから、温室入りたかったのだけどcoldsweats01)。

やぁ、満足しました。houseくすり博物館(happy02アリガトーshine)。 復習の為にpcアップしたこの記事もまた満足diamond(笑)しばらくは買ってきたカタログとbook博物館だよりmemo読んでます。こうしてまた、興味も広がったのでhappy01薬関係の本も借りていこ~っとbud

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年2月 3日 (火)

南山大学 人類学博物館へ行ってきた★

PhotoBook1_2 近所の図書館にあって、

何となく借りたbook東海発 バカルト紀行」→

東海地方のspa「おバカ」で「カルト」な観光施設を紹介しておりcamera、行きたいと思った所はコピってmemo手元に残してあるpaper

そんな中の一つ(確か載ってたと思う…)ずっと行こうと思っていた、

school南山大学の人類学博物館へ行ってきましたhappy01diamond

昭和区maple八事日赤の2番出口を出て、北(右)に坂を上っていき…、「八事日赤病院北」の交差点signaler(パステルが近くに)を斜めに渡り、西へまっすぐ行って、適当なところで坂を北上してfoot徒歩約8分。広い大学施設の敷地が見えてきます。

Dsc03154 Dsc03156

Dsc03157

Dsc03159







正門から入り↑受付を通り過ぎ…茶色は南山カラー何でしょうか?まっすぐ行ってfoot校舎(H棟)の下を通りすぎ、博物館があるというG棟へ到着diamond

Dsc03162 Dsc03163

G棟の中へdoor入ってまっすぐ行くとrunずっと前に夢に出てきたコンクリートの無骨な吹き抜け階段がcloud現れました。

それはともかくeye、行けども博物館が無い(案内もない…sign01)。

もう一度G棟入口に戻って、paper通りがかった学生さんに聞くと、G棟の入口入って、右へ行くと、toiletトイレの手前にガラスのドアがあり、それを開いて小道を歩いてfoot行った先の左側だそうな。 相当分かりにくい…sweat02

Dsc03248Dsc03167Dsc03245もう何かいかにも…sign03という雰囲気を漂わせた建物で。

ツタが万遍なく絡みついたcrown重厚感ある様は廃墟っぽくて萌えましたheart01

何気に埴輪君がいるのもツボ…diamond

シンとした構内でxmas、年期の入った「人類学博物館」の看板を実際見て、「ああ本当にあったんだ。」…という感じ(笑)

Dsc03168 Dsc03242

Dsc03170 Dsc03171

入口入ってmemo受付でパンフを頂きました。

右側にロッカー(無料・硬貨いらず)があり、shadow受付に聞いたところ使って良いとのことgood。カメラだけ手に持ってcamera身軽になってイザ観覧foot

最初の展示は考古学。ヨーロッパの旧石器と日本の発掘資料が、あまり説明されずに置かれていますcoldsweats01

(一言説明の漢字も読めん…sign03sweat01)

Dsc03173 Dsc03174

Dsc03178 Dsc03177

考古学はあまり興味が無いのですがeyeglass

縄文土器を眺めていると、この模様~はtyphoonどこから来ているのかなと思ったり(デザインをパクりあったりもしたのかな)。 埴輪見てると笑えます(≧m≦)dashププー (次への通路には、なまはげが…。)

Dsc03180 Dsc03181

Dsc03182 中国の銅片人形がshadow(何に使うのか知らないけど)

thunder陰陽師の式神召喚用みたいだcloudと思ったり。

土偶を見ていると、「何でこれが人間のデザイン…sign02と思い、やっぱりモデルはcatfacemoon2 宇宙人の様な気がする訳で。night

Dsc03187二体のなまはげを通り過ぎ、次の部屋へ行くとfootガランと何もなく、coldsweats02まさに倉庫…sign03

凄い、さすが倉庫っぽい(webpc前情報) happy02shine と思っていたら、後で分かった事ですが、この第2展示室がhouse 普段は昭和の品が展示されているスペースでした (ノ;´Д`)ノ

この時は照明用のflairスイッチや、memoプリントが置かれていて、school「学芸員の授業用かな…」とeye 思ったのですがsweat02

Dsc03188 Dsc03190

Dsc03191 Dsc03195 Dsc03196

第3展示室はdoor、パプアニューギニアと西北タイ山岳民族資料がありますfuji

カラフルな民族衣装が展示されたショーケースの下は、引き出しになっていてsearch「ご自由に開けて下さい。」となっていました。笛や短剣、「ヤオ族モーピー(巫者)の占い用石」とか、煙管やアクセサリー等がありました。ゴージャス…shine

Dsc03216 Dsc03220

Dsc03221

Dsc03229


トーテムポールのような木彫りや、ツチノコのような木製槍。貝の装飾品。カモノハシの口ばしのような巨大な斧に、柄の部分にワニの装飾がついた刀(有刺剣)

奥のショーケースと壁面にはdiamond精霊仮面が並んでいました。世界の仮面とか大好きサcatfaceheart04(作り手の個性が現れた造形と色彩…) なかなかシュールなビジュアルですshine。顔が梟みたいなのもあって…。 トーマスみたいな椅子もありました。

Dsc03208Dsc03209 Dsc03210

Dsc03231 Dsc03234

↑これが枕とはnight拷問のようだ(高い!)。snailセピックの祖霊像↑というのが、宇宙人ぽくてmoon1気に入りました。自分達の祖先はこんなだと思っていたのでしょうか?。

通路に置かれたupwardright巨大な祖霊像のお腹がflairぽっこりしていて可愛い。

Dsc03237

魚や鳥をchick捕獲する為の網や、fish骨で作られた釣り針…パチンコ等見てると、なんちゃってtulipビーガンとしてはimpactちょっと怖かったりeyesweat02 (←引き出しの中)。

人サイズとは思えない巨大な大櫛も入ってました。fuji巨人でも来た? で~たらぼっちが…

考古学と民族を見たので、happy01 さぁ次はsun昭和だ…shinesign03と展示場を出ると…recycle最初の受付に戻ってきた。「2階なのかな…?」とrun 受付で訪ねると。上記の通り、今は授業の為にeyeglass、一時的に展示物をどかしてあるとの事でした…despair 残念。

でも見れて満足happy02diamond入館は無料で、日曜祝日はお休み(大学の事務の休日も)。10時~16時半の開館ですdoor

Dsc03253 Dsc03257

帰り道foot、地図を見るとデカ盛りで有名なrestaurantマウンテンの文字が、少しだけ歩いて外見だけ見てきました。

交差点でsignaler信号待ちをしていると…遠くに(tvTVで)見知った看板が…sign03 近くに中学校やschool小学校が見えましたけど、いいんでしょうかchick(何か食育上よろしくないような…sweat02)。末恐ろしいので入りませんでしたけど、ここかと納得。

Dsc03260 Dsc03261_2通り道の公園にいたアニマルclub

Dsc03268 帰り地図で見ていた、carouselpony石橋 珈琲」というカフェにcafe入ろうかと思っていたのですが、地図のあるべきハズの場所にない…sign03 輸入雑貨なお店に入ってhouse店長さんに聞くと、「去年くらいかな。閉店しました。」との話。

horse沖縄料理屋になっていましたwave

| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

歯の博物館へ行ってきた

Photo以前から一度run 行こうと思っていたけれど、しばらく忘れていた歯の博物館(無料)。

昭和区辺りにあるイメージでしたが、久屋大通り駅の北側だったかsign01pcってことで行ってきましたhappy02

場所はclub愛知県歯科医師会館の3FbuildingPhoto_3

エスカレーターで上がると、普通に病院の廊下…というか歯医者さんでした。



Photo_4 Photo_5

Photo_6





入口入ってスグ、人形に誰かいるのかとビビリました。tv TVモニターがとめどなく歯の情報を語る中dash 最初にお出迎えしてくれるのはdiamond「歯虫」の復元模型 (レッツ☆クリックして拡大)。洋の東西を問わず、近代医学が芽生える18世紀末ごろまで、ムシ歯は歯を食う「歯虫」が原因であると考えられていたそうです。(それのイメージ図) 軽くホラーで素敵heart

適当な情報はスルーしてmemoお目当ての「昭和初期の診察室」へfootPhoto_8

昔の歯科医院の風景が再現されていて、治療中の蝋人形を囲むのはeyeglass かつて実際に使用されていた器械器具や机に戸棚。

外から撮っていると、(多分→)入っていいことに気づきdog中からパシャパシャcamerashine このオッサン素敵です。

Photo_12 

Photo_25

  Photo_21
Photo_26

Photo_38






手前には最新の診療台も置かれており、パンフレットもあったので貰っておきました。

Photo_28  virgo治療室の右側は畳の待合室が再現されていてflair展示ケースも並んでいる。昔の木製の入れ歯の製作過程やkissmark江戸時代嫁入り道具の一つだったお歯黒道具。石器時代の「叉状研歯」(ギザギザに削ってある歯)の頭蓋骨レプリカや、昔の医療器具。仏教徒の歯磨きに使われる、歯木が並んでましたbud

この日は私 3・40分で切り上げてwatch出ていかないといけなかったのですがrun 待合室のコーナーを見る前に、蝋人形達の横book(関係者以外立ち入り禁止)図書館から管理人のおじさんが出てきて、「歯科関係の人ですか?」と聞かれ「いえ…全然。絵を描いてる人間です。」「ああ、関係ないのね」…と 展示物の説明を始めてしまいましたsweat01せっさくだから、聞いていたんですがsweat02だんだん相槌のスピードが早くなってくる私 。。

でも閲覧スペースには置かれていない、A4とDMサイズの写真入りパンフをいただけましたheart04scissors 

Photo_29

Photo_31 Photo_30

顔のやつはrock歯医者さんになって虫歯を見つけようnoteって為の人形(頭部)です。「顔に落書きしないで下さい」って書いてありました(笑) 右は昔の治療台の写真ですがspade何か拷問器具に見えますね。 

ちなみに私apple今だに虫歯になったことがありませんscissorsshineもうベジになったから余計大丈夫だと思いますがbleah無縁でいたいものですね。

Photo_34 写真ボケボケですが、エレベーター側には昭和時代の歯磨剤や歯ブラシ(歯刷子) や、昔の食事などの模型が展示ケースに並んでいました。Photo_35

帰り道、普段あまりこっちには来ないので。

近くのベジバーガーをpresent買って帰りました。

続きを読む "歯の博物館へ行ってきた"

| | コメント (2) | トラックバック (1)