« 第2回 名古屋ビーガングルメ祭り2012 開催してきました。 | トップページ | 〈予告〉名古屋に11月中旬OPEN の菜食店とは…!? 【10/24追記】 »

2012年10月23日 (火)

【署名2つお願いします‼!!】 絶滅危惧種のナマケグマ調教を止めさせて‼! in インド

524533_201920699938364_5292288_n

インドで芸をさせる為に、親は殺され、拉致され、小さい時から奴隷にされているダンス熊は、
ナマケグマ
という種類みたいです。(上の写真は違うような気がするけど…cat)

ナマケグマの体長は、150-190cm、体重は90-145kgと、クマにしては小さ目。長い爪つめを使って、ナマケモノのように木の枝えだに逆さかさにぶら下がることができるので、ナマケグマという名前がついたんだそうだ。決してなまけていたわけじゃなかったんだ。

ナマケグマはまた、絶滅危惧種である。森林伐採による生息地の減少と、薬や食料として売る為に捕獲されたり、農作物に被害を加えるという理由で殺されたり、芸を仕込むために捕獲されたりしたからだそうだ。 

(カラパイアより。)

え~…upwardright これらによるとfuji 絶滅危惧種って書いてあるけど…gawk

pcフェイスブックより。以下、転載です。(文章は自動翻訳かな?)

Apu_team_and_police_during_apu_oper

4週間未満で母親から盗まれた、子熊が短いロープにつながれた彼らの人生の残りを過ごす心に傷を負い、踊るために殴られる。

子熊は、毎年約1,200匹。

01261331240_bearcubsseized


Poachers

1日につきおよそ12時間音楽に合わせて躍らされます。

切歯と犬歯は抜かれ、幸運をもたらすお守りとして売られます。

歯のないクマはその自然な食事を取ることがあまりできません。
そして、これは末期の腸の障害にしばしば至ります。
かわいそうな動物は、巨大な痛み、惨めさと早死にの短い人生を送ります ...

Images

 

動物の拷問で最も恐ろしい形の1つは、インドのダンス・クマです。

Dancingbears



捕 らえられた動物の子熊たちは、その敏感な鼻を突き通されるつらい苦しい体験を経なければなりません。

Wasatchbeforerescue


生の鉄の針が石炭火で熱されて、キーキーいっている動物の子に、麻酔なしで続けられます。

このロープの引きは、重い棒で、クマに順番にその足を上げて、『踊る』動機を与えます。
 
それが1才である前に、クマの切歯と犬歯は抜かれ、幸運をもたらすお守りとして売られるか、ジプシー市場へ出ます。

動物の子の多くは、脱水または外傷で、生き残りません。

以上、転載終わり。

この動画はdownwardright 色々な熊問題が混ざっているみたいですがmovieダンス・クマの様子も写っています。

 

あなたにできること…!!

【1つめsign01】  署名をお願いします!!

Carcel para los que torturaron a la Osezna Bella, en Zaragoza, Coahuila.

Dbkzgpoewrfgbgx556x304nopad

Apellido 性
Nombre 名前
Enail  メール
Codigo Postal  郵便番号
Por que es importante para ti  コメント欄 (任意)

【FIRMA】 ←をクリックsign03

の下のチェックは、

公に私の署名を表示
このキャンペーンについての私を知らせておくと動物の尊重のために他人MUPRA•メキシコアメリカ  
(↑…何だろう^^; 今後のmailtoお知らせがいるかっていうチェックだと思います。)


【2つめsign03】 署名をお願いします!!

Stop Sloth Bear Torture in India

署名の仕方は、以下の図を参照して下さいgoodshine

O0354050311991933882

読んでくれてありがとう。ランキングに参加し始めましたupup  宜しければ、ポチッとなdownwardrightshine

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

もうちょっと詳しくmemo 以下の記事をpcグーグル翻訳にかけました。

   Wildlife SOS for Sloth Bears

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

元同僚は、私の注意に野生生物の救出とリハビリテーションの分野で働く野生SOS、非営利団体が運営する非常に悲痛イニシアチブを持って来た。彼らの主なプロジェクトの一つが '踊る熊 "の救出とリハビリテーションです。

あなたが前に踊る熊を見たことがありますか?踊るクマは数週間歳の時、彼女の母親(彼女が撃たれる)から取られ、彼女の後ろ足で立つように訓練されたナマケグマです。

Mqdefault_2


クマは踊れません - バスケットにおけるインドのコブラと同じようにヘビ使いのパイプに揺れない - 彼らはちょうど彼らが彼らを倒すことになると思いスティックを避けるためにスイングします。彼らは通り、娯楽目的のためにKalandars呼ばれるジプシー部族によって悪用されています。

Dancingbears9696med


クルーエル·インテンションズ
impact

いわゆる部族は、かなりの程度まで、これらのカブスを拷問。まず、彼らはすべてに単独で反転をバスケットの中に入れた後、それらをキャプチャして、彼らは頭が混乱しはじめると、彼らは籠から出て削除されます。男は彼らの柔らかい繊細なグリグリにロープで原油鉄針を強制しながら、彼らは6ヶ月古い電源を入れる前に、これらのカブスは残酷に押されている。彼らは歳の時までに自分の歯はどの麻酔なしでハンマーでノックアウトされています。
ダンシングベアー
ナマケグマの密猟者
彼らは、彼らの足の下に熱い石炭を入れて直立するように訓練されています。ジュートロープは銃口を通って取られ、このロープが炎症を起こし、その短い生涯を通じて大きな痛みで熊の鼻を保持している - これらのクマはめったに彼らの自然な人生の4分の1未満である以上七から八年を生き残るために。彼らの爪が引き抜かれており、しばしば深いカットが痛み、それらを恐れて保持しているので、それらを保持している厚い襟によって隠されている彼らの首に作られています。これは確かに動物の哀れな治療法です。 PainIndiaのダンスは、実際には1972年の鳥獣保護法の下で娯楽のためにクマを使って禁止したが、遊牧民はまだフェアやフェスティバルでの娯楽のためにクマを維持し、使用しています。これらの雑食動物はまた医学の貴重な成分であると考えられている彼らの胆嚢、ために密猟者に捕獲され。


野生SOS
clover

この組織は、ダンシングベアーズなどの大手苦渋や外傷性の生活から370ナマケモノクマを救出した。野生SOSは最近アグラでは、既存の聖域への拡張を持っている。これにより、それはまだ今後数年間で、娯楽目的のために路上で悪用されている500から600の周りにナマケモノのクマを救うために、その道を進んでいる。

ダンシング·ベアーズの残酷な練習に終止符を打つために - アグラ、ボパール、バンガロール、ハイデラバード - 野生動物SOSはインドの4つのくまレスキューセンターを実行します。その最大の施設の一つは、そのまた、160エーカーに広がるアグラに救出ナマケモノのクマのための世界で唯一の施設です。

彼らの生計を立てるために、この活動に依存Kalandarコミュニティも、彼らはリハビリセンターで働くことができる彼らのリハビリプログラムを取るために野生動物のSOSに勇気づけられている。

トラウマまたは任意の動物を拷問すると恥の行為です。我々は、自由に生きる権利を持って、なぜない動物?

Savedbear1

|

« 第2回 名古屋ビーガングルメ祭り2012 開催してきました。 | トップページ | 〈予告〉名古屋に11月中旬OPEN の菜食店とは…!? 【10/24追記】 »

署名お願いします」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第2回 名古屋ビーガングルメ祭り2012 開催してきました。 | トップページ | 〈予告〉名古屋に11月中旬OPEN の菜食店とは…!? 【10/24追記】 »