« ベジチラシ「ベジタリアンって…?」PDF送ります★ | トップページ | 【武田薬品の新研究所見学会】のお知らせ »

2011年2月15日 (火)

「栄養学的根拠ない」と三重県松阪市長…「変な給食」に抗議

Img137_22011年2月11日 名古屋の 朝日新聞朝刊。
ひどい給食を出した松阪市が、ひどい給食と言われて抗議している様です。以下、転載。

「変な給食」紹介本に抗議

コッペパンの生クリームサンド・牛乳・焼きそば 

松阪市長「栄養学的根拠ない」

生クリームサンドと焼きそば、牛乳の献立、変ではありません――。

 三重県松阪市の山中光茂市長は10日、同市の学校給食の献立の一つを全国のひどい献立ベスト6」として紹介した 本の著者と出版社に対し、抗議文を出したことを明らかにした。(森山敏男)

 この本は「変な給食」(幕内秀夫著、ブックマン社発行)で、2009年12月の発行。その中で07年4月12日に旧松阪市の24小学校で配膳されたコッペパンの生クリームサンド、牛乳、焼きそばを取り上げ、確かに子どもは喜ぶよ。魅力的だよ。でも、それでいいわけ? ヤバイでしょう?」などと写真を添えて批判。その後、週刊誌や新聞にも取り上げられた。

 医師でもある山中市長は会見で「何の栄養学的根拠もないのに『ヤバイでしょう?』で済ますのは非常に無責任。強く抗議していく」 怒りをあらわにした。
 

 同市教委も、本の写真の焼きそばは実際より野菜が少なく、果物を生クリームであえたサンドも実際は、別容器に入っていて食べ方は自由だったと指摘する

 市の抗議に対して、出版社側は今月1日、「近く出版の第2弾で、おわびとして抗議文を転載する」と回答したうえで、調理に使った食材と分量について市に回答を求めた。小宮亜里編集長は「本では栄養バランスと、食べ合わせを問題視した。食材と分量の結果を見て分析したい」と話している。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜以上、転載終わり。

 

Dl050056b1_2

新聞の写真で、実際に 出された給食と本との写真が比較されていますが。(パンと果物の生クリームあえは別容器)

見ても同じでは 問題はパンに挟んだとか、量がとかではなくて 出す内容…

栄養学的根拠と言うなら、山中光茂市長葬られた「第二のマクガバン報告」」上・中・下巻読んで頂きたいですね(下巻は近日発売です)。

松阪市の市長だから抗議するのは仕方ないような気がしますが。
もし教育者の立場から発言しているのなら、今まで刷りこまれてきた既成概念を捨てて、真実を見て欲しい。真実を見ないで ただ抗議するなら、大人として教育者として無責任だと思います。

そして 前からアップしようと思っていて まだ出来ていないのですが。

幕内秀夫先生のなぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?―まくうち流70点の食育講座めちゃめちゃお勧めです 絵もフルカラーで絵本のように可愛いのに、内容におもわず膝を叩いてしまいます

子育てをされている家庭には是非一冊… (日本人も必読…!!)

Dsc07117_2同じくまた今度改めてアップしますが、中山尚夫先生の医師がすすめる玄米食 -正しい食事を考えるシリーズ(3)-も本当お勧めです(右図は本文より)。

毎日新聞北海道支社発行だったので問い合わせたところ、(株)玄米酵素にあると聞き、問い合わせて5冊購入しました オンラインショップでも 販売が始まった様です。

Dsc07394しかも初回サンプル申し込みの方に無料で送ってくれています。 注文の前に、私も無料サンプルで妊婦さんの方の冊子頼んでおきました (正しい食事を考えるシリーズ1~3集めてみたの でも1番は↑紹介した(3)です)

2月24日(木)には、マクガバン報告三部作完結を記念して 東京都 品川区立中小企業センターにて、真弓定夫先生の「真実の栄養学」を知るための勉強会が開催されます 詳しくはコチラ
真弓定夫先生って アレルギーじゃなくても給食で動物性の物を「この子には出さないで下さい」と診断書を書いてくれる素晴らしいお医者様だよね

(「牛乳は子どもの健康のために飲ませないで下さい」という学校提出用のお手紙を書いてくださるという話も…)

いいなぁ 行きたいなぁ…何故に平日の東京かね( ̄皿 ̄;)

そして 今回みつけた、YouTube「変な給食」は栄養学的にパーフェクトと言い切る橋下知事の動画 こんな大人がいるから…orz。

そしてそんな「変な給食」も勿論|∀・)絶賛お勧めです

「変な給食」 読んで下さい…!!

|

« ベジチラシ「ベジタリアンって…?」PDF送ります★ | トップページ | 【武田薬品の新研究所見学会】のお知らせ »

菜食」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。以前、ベジ本を注文した者です^^


私も、似たような記事を書いたので、ちょっとご報告しようかと。http://plaza.rakuten.co.jp/jintai/diary/201006280000/


いつも楽しみにブログ拝見しています。これからも頑張ってくださいね。

投稿: 趣味は健康 | 2011年2月17日 (木) 01時02分

ありがとうございますm(_ _)m 企業のブログに見えますが。
トラックバック自体受け付けておりませんので、以後よろしくお願いします。

【追記】「医師がすすめる玄米食 -正しい食事を考えるシリーズ(3)- 」、新しく購入した方は、ページ数が最初に買った本よりも弱冠少なめでした 字もちょっと大きめになってたし…う~ん。

でも良いと思います(今はタダだし)

5冊購入したので、見てみたい友人は言って下さい
で、買いたかったら200円で私からどうぞ~

投稿: Natsumi | 2011年2月18日 (金) 16時38分

Natsumiさんこんにちは!
Natsumiさんはビーガンなのですね。
そちらに傾倒したことがなく詳しいことは分かりませんが信念をもってその意思を貫いている事、良い事と存じます。

うふふ、この給食、ダレが見たってねぇ。
本に書かれちゃ市長も慌てちゃったのですね。
でもどうしてこのメニューになったのかしら?
栄養士が考えた献立のはずなのにね。
栄養学的というのは臨床栄養のことだと思いますが、給食にはもっと子供の精神の成長を促す要素も必要かと。
それともストレス社会の子供達に息抜きのサービス給食のつもりだったとか!
本にも新聞にも載らない個人の深層心理がちょっとだけ気になります。

投稿: ひよこ豆 | 2011年2月23日 (水) 09時51分

ひよこ豆様こんにちわ!
よく見つけて下さいましたね ありがとうございます。

牛乳をつけると、自然と洋風になってしまったりするみたいです。
そして、子供が喜ぶ、すぐ食べてくれるものになったり…
こういう食事を食べされるから、子供がキレやすくなったりするのですよと思ったり。
(私は動物性のものをやめてから、イライラしにくく心穏やかになりました)

ちなみに市長にもメールしましたが。音沙汰無しです。

また良かったらいつでもいらして下さい

投稿: Natsumi | 2011年2月24日 (木) 00時32分

「ヘンな給食」…栄養士として学校給食の現場数十カ所見てますが、この本の方がよっぽどヘンだと思います。
1部だけを切り取って批判するなんて、一番程度の低いやり方と思うし、幕内さんの本は偏りがありすぎて、現場的には「頭でっかちだな」っていうぐらいににしか思えません。
こういった本が話題になる事自体が寂しいですね。。。

投稿: とおりがかり | 2011年3月 9日 (水) 18時48分

>とおりがかりさん。
そうですか?
幕内先生の「なぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?」読まれましたかとても面白いですよ。
>寂しいですね。。。
何が寂しいのでしょうか。子供がキレずに将来病気予備軍にならずに、勉強にうちこむ為には、
正しい食事を指導して下さる方が日本には必要だと思います。
幕内先生の著書や、マクガバン報告のようなものが です。

投稿: Natsumi | 2011年3月 9日 (水) 19時46分

松阪市に住んでいる中3(2007年の当時は小5)です
あ~こんなのあったような気がします
確かに組み合わせはおかしいと思います ですが
この日だけこんな感じだっただけじゃないかな
僕は こんなのがたま~にあってもいいんじゃないかなと思います

給食はは1年で200日くらい?出てますけど
たまたま出たちょっと変わっていた給食だけ本に載せて
卑怯だと思います
こんな給食が出ていたときは みんなはパンに挟んだのは焼きそばのほうですよ 甘い系は後で食べてました

投稿: 伊勢中川 | 2011年4月29日 (金) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベジチラシ「ベジタリアンって…?」PDF送ります★ | トップページ | 【武田薬品の新研究所見学会】のお知らせ »