« 毛皮にさよなら…FUR AWAY in 名古屋 | トップページ | パネル増殖中 »

2011年1月15日 (土)

MYパネル作りました

昔、とある人のことを 「あの人はマグロなんだよ 立ち止まったら死んじゃうんだ。」と形容して「的を射ている。」と言われましたが。今まさに 自分がそんな感じです

Dsc07238

ハイ MYパネル作りました 私が一番好きな (最初に見た時 衝撃を受けた) 画像で

キタムラの店頭で頼む ポスタープリント2100円。サイズが若干違った様で、店員さんと相談して、下のPETAの文字が切れちゃったけど まぁそこはいいや。
他にも、手焼きプリントってので、「半切 356×432mm 2520円」「全紙 457×560mm 4730円」とかありましたよ

でも画像が無いと無理ですけどね…そして A4以上のパネルにしたい場合は60か?100KB(MB?) 以上でないと荒すぎてしまうみたいなので、要確認です。

キタムラのカタログ見てて トートバックへのプリントとか、おもしろシールの無地タイプとか、活動に使えるんじゃないかと思った

あとは防水加工して完成です。ちなみに後ろの板は 高校の時から使っていた、二つ折の巨大画板(机の上で使っていた)を、容赦なく半分に切って、ベッタベッタと赤く塗りました。でも何気に結構重いので、肩紐でもつけておこうと思います

今日は デモ原稿書き終りました、今メンバーに 見てもらってます
一昨日は Iさんとぱるちゃんが 警察にデモの申請 (早すぎでも駄目なので、2週間くらい前にする) へ、行ってきてくれました ちなみに この前行ったのは打ち合わせです。

準備は 着々と進んでおります… 沢山の方達が 団体メーリスや、公式サイトや、個人ブログ等で 告知して頂いていて 本当にありがとうございます…

ちなみに4・5年前…?名古屋でも毛皮反対デモが計画された事があったそうなのですが 台風のため中止になっていたのだとか。その時の人達は今何処へ~…?

ちなみに、私達のデモを 先導して頂くのは、毛皮はいらない連絡網よりノーファー号です

Dsc046031

去年「デモやるなら、どこへでも飛んで行きますよ。」と言っていました。有言実行ですね 超★格好良いッス あ、こんな車でも中にいるのは 動物愛護の優しいお兄さん(?)ですよ~

そして当日は 東京からプロのカメラマンさんが 来て下さることになりました

「動物実験反対」や「毛皮反対」の活動を知り、去年から ドキュメンタリー映画を制作(各団体への取材を) されていて 一先ずは各団体とコミュニケーションをとりつつ、デモ行進を撮影されているのだとか

そのO氏が一人で撮って編集したという、
JAVA 化粧品の動物実験反対デモ in 東京・銀座 コチラッ…

超★カッコイィね…!! うぅ~楽しみだ 前日は O氏と打ち合わせしてま~す

そして、デモの参加表明も 続々頂いております さぁ、さぁさぁ。
そろそろ、あなたの23日(日)の予定も分かってきたでしょう。来て下さい。エェ名古屋へ来て下さい。

以下 某所より転載 (一部編集)

>ファッションのために生きたまま剥ぎ取る毛皮は動物虐待であるのに、法律がなってないなんて、日本はかなり遅れています。イギリスの毛皮養殖所は閉鎖されるところまでいったのに、日本は毛皮についてを 知らなさすぎます。

>「毛皮反対」という考え方がある事すら、知らない人が多い。 たいがい「え?なんで…??」となる。
欧米の先進国では、反対か賛成かは別としても「毛皮に反対する人」がいるということは周知の事実であって その理由もわかっている。

数年前 某所で、毛皮反対のパネル出展をしていたところ外国人の男性が「毛皮反対はよくわかる。でも、どうして今さらこんな残酷な画像のパネルを展示しているんだ」って言ってきました。
日本では、毛皮がどうやって作られるかとか、毛皮を作るために動物を殺していることすら知らない人がほとんどなので、こういうパネルが 必要なんです。 って説明したら驚いていました。

本当に日本は遅れているんだなと、あらためて実感させられる出来事でした。

転載終り★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

Rac_2

残酷なファッションが全廃された時 きっと 家庭科の教科書(?)に載って、
「毛皮って何…?」 と、子供があなたに聞くでしょう。その時、「名古屋で初めて行われた、毛皮反対デモに参加してたんだよ」って、言いませんか
毛皮全廃までと、自分の歴史の一頁を、一緒に作りましょう。

老若男女全ての年齢層、勿論・ベジノンベジ問わず、(ペットの同伴は不可ですが) ご参加 心よりお待ちしておりま~す…!!

過激なことはしません。名古屋のど真ん中を徒歩で一周~ 動物の為の ピースウォーク 思って 家族連れでも是非どうぞ

ちなみに当日は、デモ初めてで お一人参加の方も、多数いらっしゃいます
参加者の皆様 気さくな方達ですので 懇親会でもすぐに仲良くなれると思います よろしくお願いします
ちなみに、一応書いておくと宗教関係者はいませんので
もし困った方がいたら、スタッフまで 教えて下さ~
(…って、それが私だったら嫌だなぁ(笑))

名古屋初★毛皮反対デモには、日本の関西 関東勢()入り乱れ……
あの方が来るとか… この方が来るとか… まさに夢のドリームマッチ キャッキャッ
ああ、言いたいけど。何か心配性な私なので まだ言いません。(事後報告はするけどネ)
直接熱いハートの人達に会いたい方は、是非 この機会に来て下さい…

なるべく参加表明しておいて頂きたいのですが、当日の 飛び入り参加もOKです
懇親会参加も当日ある程度は大丈夫です(席なければ立ちで~)

以下は、とある方より再び転載 毛皮の話。

>偶然か必然か ある本に出会いました。

ペットからの不思議なメッセージ』 (動物とテレパシーで話せる、驚くべきペットテラピスト)
ソーニア・フィツパトリック著

ある文章に目が止まった…

「私はイングランドでファッションモデルとして働いており、自分が着た洋服を安く買えるチャンスがたびたびありました。
私はハーベイ・ニコルズでモデルとして着た美しいオオヤマネコのジャケットをとても気に入り、心を奪われたので、アルプスへスキー旅行に行くのにそれを買ったのです。私はそのジャケットを三年間、心から楽しんで着ていて、この服のためにどんなにたくさんの動物が犠牲になったか全然気がつきませんでした。

ある日の午後、私は応接室でお茶を飲んでいました。テレビをつけ、座ってお茶を注ぎました。
そのときテレビは一匹の美しいオオヤマネコが雪のなかを優雅に歩いているところが写っていたのです。
なんとすばらしい、堂々とした動物なのでしょう!

すると突然恐ろしいことに、彼の足は、残酷なわなに捕われ、ずたずたにされました。
その苦痛は地獄の責め苦に違いありません。食べることも、飲むことも、動くこともできず、ハンターがわなを調べに戻ってくるまで四日間苦しみながら、わなにはまったままでした。

彼は逃げるために必死になって自分の足を咬みはじめたのです。

ハンターが最後にこの猫に近づき銃を猫の頭に向けたとき、私が見たものは、このかわいそうな動物の目に浮かんだ安堵の表情でした。
猫は、恐怖の苦痛がもう終わることを悟ったのでしょう。

私がこのオオヤマネコのジャケットを着るまでには、どんなにたくさんの動物がこのように苦しんだか…その思いが雷のような力で私を打ちのめしました。涙がとめどなく頬を流れ、私はジャケットを持って庭へ行き、軽由を注ぎ、火をつけたのです。

Img968_file1_2この日から、私は動物の毛皮を着るのを絶対にやめました。

このことがきっかけとなって、私は動物の福祉に目覚め、それ以来、動物の利益のために働くことになりましたが、それが私が今している仕事の使命なのです。
私はこの動物を守る戦いに、あなたに協力していただきたいのです。」


1997年12月27日初版発行 

(もう10年も前の本です…) …転載終り。

TV・新聞各社へもメールしました 取材に来てくれるといいなぁ

|

« 毛皮にさよなら…FUR AWAY in 名古屋 | トップページ | パネル増殖中 »

菜食」カテゴリの記事

コメント

マグロのように動き続けるNatsumiさん、すてきです。
このパネルもすごくいい!毛皮がなんなのか一目瞭然、よくわかるね。

名古屋初デモ、声が心に、人が皆持ってるという良心に届きますように。
・・・いや、届く!絶対だ!(鼻息荒く)
もうすぐでほんとお忙しいと思いますが、Natsumiさんも皆さんもお体気をつけてね^^

そしておくさま、すてきな本をお読みですね!
私、ソニアさん大好きです。
他のアニマルコミュニケーターさんの本もたくさん読んだけど、毛皮や動物実験にも言及して、なおかつあなたも参加して、とはっきり書いてる人はこの人だけでした。
書いてあるメッセージも人間性に溢れてやさしく、惹かれます。
Natsumiさんが引用した文章とその前後、涙が止まらなかったよー。

投稿: チーモ | 2011年1月16日 (日) 15時23分

あらま!ソニアさんのとこ、転載て書いてあるのに!
わたしのばか!老眼!見落としてました、くすん。
ごめんなさい^^;

投稿: チーモ | 2011年1月16日 (日) 15時37分

チーモちゃん
コメありがとうにゃ~時間が無いから、転載気味で、分かりにくくて御免ね
マグロのように動くよ~~~ウニョウニョ。
関係ないけど、まだ魚くらいは良いんじゃないかと思っていた時、「ファインディングニモ」の最後の方のシーンで、「あ、やっぱ魚も可哀想かも…」と思ったよ
(魚の皆が網に入れられて、皆で下に押せ~~~~っってやってるシーン)
まぁあの映画で、カクレクマノミが乱獲されたんだけどな。親子が離れ離れになってって話なのに、皆作品のメッセージは何も受け取らないんだよね

アライグマが増えたのも、アライグマラスカルのせいだと思っていたけれど
あれも作品の中で、ちゃんとアライグマの狂暴性は描いていたそうだし。
つまりはエンターテイメント作品に、可愛い動物は描いちゃ駄目って事だね
(もしくは飼っていい動物止まりで…)それか存在しない動物止まりで(ピカチュ)。

もう一週間しかないよ~名古屋は27年ぶりの寒波でした。でもドカッと降ってくれたから。
多分来週は大丈夫 今日降らせたのは「今のうちに降っとかんか~い!」と動物達の怨念だったんだと思うわ

そうなんだ。チーモさんも沢山本読んでるんだね自分で転載しておいて何ですが、今ちょっと興味が沸きました(笑)今度借りてみるね!
年末年始、結構本読んだんだよ~でも全然アップ出来てない

風邪とかは、食べ過ぎと甘い物からなるみたいだから気をつけてるよ…と言いつつ食べまくる
体調整えておかなきゃね~チーモさん23日は、名古屋にオーラ(って書くと危ない人かと思われるかもしれないが、スピルチャル系人間ではありませんー!)送ってくれ~い

投稿: Natsumi | 2011年1月16日 (日) 23時13分

あ、チーモちゃん。
先週木曜日から発売中のモーニング(1月27日号)コンビニとかで見てみて~

投稿: Natsumi | 2011年1月16日 (日) 23時21分

キャー、申し開かせてー!
わたしアニマルコミュニケーションおべんきょしてるけど、怪しい人じゃないのよー!
でも怪しいよねー、うふふ。(どっちなんだい)
もち、ばっち送るわ、オオオ、オーラっちゅーのをひとつ!
心でシュプレヒコールもするし!

動物はかわいく描いちゃいけないってほんとだね。ハスキーとかもそうだよね。
かわいい表面だけじゃなくてぇ、本質を見ようよ・・・ってがっかりしちまいますね。
そうそう、ぴかちうはいいよね。

ご飯と甘いものは私が代わりにたくさん食べときますから、Natsumiさんは食べ過ぎないで大丈夫よ!
田舎の母みたいだけど、ほんと体だけは・・・。

うんうん、モーニングね、買うね。
なんだろなんだろ。理由は聞かないね。お楽しみにするだ。
今ご飯食べたら行ってきます、ムグムグ。
ハー、長くてごめんなさい^^

投稿: チーモ | 2011年1月17日 (月) 11時59分

別に買わなくていいけど(笑)
表紙ビックリしたでしょう
4話完結の法律漫画らしいワ知ってることも多かったけど、面白かった。メジャー誌にこゆこと取り上げてもらえるのは嬉しいね
チーモちゃんありがと~モグモグ

投稿: Natsumi | 2011年1月18日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毛皮にさよなら…FUR AWAY in 名古屋 | トップページ | パネル増殖中 »