« アニマルライツとは…? | トップページ | 愛知県瀬戸市 放獣しなければならない子熊を、法に反して射殺 »

2010年11月13日 (土)

宮澤賢治★短編童話「フランドン農学校の豚」を読んでみた

Dsc05966

図書館でcloverベジタリアン宮澤賢治の著書をbook パラパラしていて見つけた短編horse

亡くなった翌年(1934年)に発表された作品schoolフランドン農学校の豚」(←全文読めます)。ある農学校で養われているpig知能のある豚が、学生たちにgemini殺されるまでぞんざいに扱われることのtyphoon苦悩を描いた物語。
memo冒頭部の草稿(枚数は不詳)はpencil現存していない。このため、本作のタイトルは全集編集者によって付けられたものtulip。だそうだ(ウィキペティアより)。

以下、一部抜粋memo

>怖いい、ああ、恐い。豚は心に思いながら、もうたまらなくなりpig前の柵を、むちゃくちゃに鼻で突つっ突いた。ところが、丁度その豚の、殺される前の月になって、一つの布告がその国の、crown王から発令されていた。

それは家畜撲殺同意調印法といい、誰でも、家畜を殺そうというものは、その家畜から死亡承諾書を受け取ること、又その承諾証書には家畜の調印を要すると、こう云う布告だったのだ。

これを読んだ時flair 思ったeye

そうだ!coldsweats02 そうすれば良いんじゃないかっsign01流石happy02 賢治だ…sign03 と、しばらくたってからsweat02 気付いた。

家畜と話はpig 出来ないじゃん…orz

当たり前だけどcoldsweats01 一瞬gemini 話せるんじゃないかと、思わせる力があるのがフィクションねheart02と。

pig「いやです、いやです、そんならいやです。どうしてもいやです。」豚は泣いて叫んだ。
shadow「いやかい。それでは仕方ない。お前もあんまり恩知らずだ。犬猫にさえ劣ったやつだ。」校長はぷんぷん怒り、顔をまっ赤にしてしまいmemo証書をポケットに手早くしまい、大股にrun小屋を出て行った。
pig「どうせ犬猫なんかには、はじめから劣っていますよう。わあcrying」豚はあんまり口惜しさや、悲しさが一時にこみあげて、もうあらんかぎり泣きだした。

ban承諾書を、取り損ねつつも、結局最後はこうcrying

pig「いやですいやです。」豚は泣く。
shadow「厭だ? おい。あんまり勝手を云うんじゃない、その身体はdollar全体みんな、学校のお陰で出来たんだ。これからだって毎日restaurant麦のふすま二升阿麻仁二合と玉蜀黍の、粉五合ずつやるんだぞ、さあいい加減に判をつけ、さあつかないか。」なるほど斯うannoy怒り出して見ると、spa校長なんというものは、実際恐いものなんだ。豚はすっかりshockおびえてしまい、pig「つきます。つきます。」と、かすれた声で云ったのだ。

最後はimpactサックリhairsalon喉を切られて、
>この物語は、あんまり哀れ過ぎるのだ。

…と、drama 宮澤賢治。

clover本で読めるのはbook以下の短編集等clover

宮沢賢治童話集 (ハルキ文庫)

ちなみに、毛皮を題材としたcat氷河鼠の毛皮」という短編もある様です。←全文読めますがmemoよ、読みにくい~~shocksweat01 最後は動物達の逆襲に合うという内容らしいですcoldsweats01

Img21_2

そして今、口蹄疫:題材に童話 都内の主婦がネットで発表、話題に なっているそうです。無料でpcコチラからダウンロード出来るのでbook 読んでみましたpaper。何と言うかtaurus ツッコミどころ満載です。

(殺されるtaurus仔牛の瞳↓shine)
>それは、すべての運命を受けいれ、覚悟したものだけがもつ光でした。

ってsign02coldsweats02 勝手に決めるなよと。殺処分impactされたのは、医学的理由でなく、経済的理由であって、埋めなくても良いものをbud埋めておいて勝手に「ありがとう」は無いだろうとcloud

でも何か、泣ける話っぽくなっている辺り本フィクションの強さを思い知らされたのでした。

|

« アニマルライツとは…? | トップページ | 愛知県瀬戸市 放獣しなければならない子熊を、法に反して射殺 »

菜食」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

natsumiちゃんこんにちは。前の記事に紹介されていたコーヴのあらすじVTRを観ました。今、amiの心は
はりさけそうです・・・イルカたちのうったえるような泣き声は、赤ちゃんの泣き声とよく似ていますね。昔からの古い風習があったとしてもあんなかたちであったのだとしたら、それは違うと思う。一つの生命に対する畏敬の念がまるで感じられない。
でも・・・太地にいる漁師だけの責任じゃないと思う。そんなことをゆるしている日本の課題なんだね。
ひとつひとつの小さな選択の積み重ねと、現状を学ぶこと、大事にしていくよsnow

投稿: ami | 2010年11月15日 (月) 00時29分

AMIちゃんheart04
ありがとうhappy01amiちゃんイルカ好きだもんねwaveTHE COVEまだDVD化してないみたいだけど。
cdしたら是非見て欲しいよdiamond

投稿: Natsumi | 2010年11月16日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニマルライツとは…? | トップページ | 愛知県瀬戸市 放獣しなければならない子熊を、法に反して射殺 »