« ベジ部でお花見☆ | トップページ | ベジバーガー第3弾★ビーンズ 新発売!! »

2010年4月14日 (水)

うしの絵本と写真集

Photo

最近ベジ会やミーティングにも持参して行きましたが

牛の癒し系グラビア(?)ミニ写真集うしのひとりごと高田 千鶴 (著) を買いました

アマゾンで↑少し中身が見れるので是非見てみて下さい

どちらかと言うと豚好きな私。牛って(ヨダレたらしてるイメージで) あまり好きではなったのですが…これを見てみて 牛って可愛い…って思えました

のんびりしている牛の表情を見ているとまわりにいる 好きな人達の顔に見えてくるんですね (笑)

クスッと笑える本書お勧めです(≧m≦)。

……で、コレを食べるのって思っちゃいますが。健康本とか屠殺の映像とかも有用ですが、こういう本も有効なんだと思います

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_2

さて、どれだけ牛が人の役に立っているか
(もとい、犠牲になっているか)
ビジュアルで 知ることが出来る2冊の絵本をご紹介します

きみの家にも牛がいる(エルくらぶ)」小森 香折 (著)

君のには牛を飼っていなくても牛がいないわけじゃない。

…と、始まる本書。

結構具体的に解体の様子が説明されていて、こんなものにもあんな物にも牛が使われている事が、目で見てよく分かります。

Dsc00751

シンクロナイズドスイミングの選手も 牛のゼラチンで髪を固めているのには驚きました

Photo_5

そして同じ用な本

もーおーうしです!

Dsc01476文章が無く牛を使って作られた商品達がぞろぞろ出てきます

これ何だろうと考えながら見る事が出来ます。

てか、こういうの見るとビーガンで生きようとするのって 本当大変だな…と思ったり

最後に文章で「牛からできるもの」の一覧があるので 参考になるかなと。

Dsc01475_2

あとがきに、

「牛は鳴き声以外捨てるところのない動物です。」

と書いてあって((゚゚дд゚゚ ))

軽く恐怖です

|

« ベジ部でお花見☆ | トップページ | ベジバーガー第3弾★ビーンズ 新発売!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

菜食」カテゴリの記事

コメント

Natsumiさんこんばんは♪
最後の「牛は鳴き声以外捨てるところのない動物です。」に反応してしまいました(^^;)沖縄でも、豚ですが、「鳴き声以外は食べられる(捨てる所がない)」らしく(^^;)、そう言われてます!
牛って年老いた犬に似てるんですよね(失礼、牛たち・・)。何か目の辺りが…。まぁこれはベジになった理由の一つです(エヘ)文字のない本もあるんですね!読んだら生活できなくなりそうなような…でも読みたいです(笑)シンクロの頭が牛のゼラチンとは…驚!

投稿: chill | 2010年4月17日 (土) 22時38分

CHILLさんおひさコンバンワ
え~豚もそう言われてるんですか
そりゃ殺したからには使いきってあげて欲しいですが当の本人達には関係ない事ですからね。
「感謝していただ」かれなくても、いただいても、殺されちゃったらオシマイで。

犬に似てる…?それは気付いた事なかった、そうか。(豚さんの目は綺麗なアーモンド形だよネ)
>ベジになった理由の一つ
って、犬好きだからって事かな

うんこの本は…出版元がなんなんですが(;´▽`A``
ビーガンになりたい人が、気をつける参照になるのではと思います

ゼラチンは使われまくりだよね~。湿布薬とか、薬だとカプセルとか(まったくもって使わないけど)
ガムテープとかも…かな。あと日本画用品とか墨汁とか…_| ̄|○ キリないね。

完璧ビーガンはやっぱり難しい。

投稿: Natsumi | 2010年4月17日 (土) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベジ部でお花見☆ | トップページ | ベジバーガー第3弾★ビーンズ 新発売!! »