« ピクトさんの本 | トップページ | DVDを買ってきた☆ (スーパー教養セットのようだ) »

2009年8月 7日 (金)

メグさんの漫画とオタッキーな話★etc.

Photo 今年4月の終わり頃、前の職場(図書館)にお客さんとして来ていて仲良くなった メグさんから、一本の電話

「Natsumiさん明日どうしてます?」

(残念ながら)家で漫画描いてるよ~

「Natsumiさんに貸したい漫画があるんですけど、明日自転車で持っていっちゃ駄目ですか?」

えっΣ(゚д゚;) で…でもキミ、○区でしょう 私の住所は…(メグさん家からかなり遠い) だし…。」

大丈夫ですっ自転車で2時間くらいなら平気でこぎますからじゃっ明日行きますねっ!よろしくっ…」 て、え、エエエエェェェェーーーーーーーーーーッッ( ̄□ ̄;)

「ちょっチョッ…ッ!?マジで」と、弱冠 部屋の惨状に困惑しつつ…ダレかあの子を止メテェ~

翌日4歳の息子を後ろに乗っけて40分自転車こいでわが家へ到着~

部屋で談笑後の帰り際、「あっNatsumiさん漫画それです、読んで下さいね」というメグさんを見送って、玄関脇に置かれていた物を振り返ると、バカでかい紙袋の中に大量の漫画がっ…∑(=゚ω゚=;)こんな重たい物をよくまぁ…ありがとう。

もう「ナンバー吾」以外は返しちゃったけど。五十嵐 大介の「リトル・フォレスト」を見て、ああRisaッチも今こんな生活してるのかなとか思ったり (色々と美味しそうだけど、弱冠絵は見ずらいかな) 「魔女」1巻最後の逸話が、とってもベジィな思想が垣間見えて驚いたり…(でも作者は違うようですが、とても同じ考えを感じさせられる。「魔女」2巻もそう)。例えばこんな台詞にも…連想してしまいますが

「…何か特別なものを見たら、それで自分の何かが変わっちゃったりしますか?」

「…見るって事は信号を受け取るって事だから。

例えばリモコンでテレビの操作をするのも 信号だからね。」

「見た事でこっちのチャンネルが変わる事もあるかもしれない。 

今までとは違うものが見えたり、感じ方が変わったり…」  (「海獣の子供」より)

「ナンバーファイブ(吾)」は見にくくて見にくくて…(でも松本大洋作品は好きだ) 一番最後まで 残ってしまったのですが。読みだすと…、(あらすじが改めて説明された2巻からかな) 世界観が分かってきて最後の盛り上がりたるや凄かったですね

純粋なNo.王(マイク)の言葉に感動したり

「私があなたの名前を知り得たのもこれ(言葉)によるおかげだ。

 言葉を介して我々は友人になれるかもしれない、もしくは反目しあうかもしれない。しかしどのような対立であっても― 

 その主張はこのツールによってなされるべきであると 私は信じています

 それが出来ないようであればこの星の未来はないと確信しています。

 輝ける星を維持するため― 明るい未来へつなげるために―

 話会いましょう。Mr.ライヒワン。」

「治安を維持するための組織などではなく、平和をもたらす使者として生まれた。

 この世から悪がなくなる事はないのか? 理想と現実は切り離す事が賢明なのか?

 そのような妥協を私はけして認めない。」

 メグさん漫画ありがと~ (イッキコミックだから、弱冠「ドロヘドロ」に影響されてない…とも言えなくもないような世界だね☆)

Img077_13 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜(御免以下、読まなくてもいいよ(/ω\)ベジ友)★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

職場で以前から気が合いそうだと思っていたまん丸ぃバイトちゃん(大学生)と今日一緒になったのでヽ(´▽`)/

「趣味は何ですか~」と聞いてみる と、

アニメです。」と即答(若さっていいなぁ)

好きなアニメは「夏目友人帳。今のお勧めは化物語」だと教えて頂く。

「今アニメは見て無いんですけど日曜朝の~…」

「シンケンジャーがかなり面白いと聞きました…

「そうなんですヨォ~今のレッドはツンデレ何ですよ。今の仮面ライダーより、あっちのが好きです。ディケイドは今 平成ライダーが終わって、それ以前のが出てきたんです。次回なんかアマゾンですよ!(見てはいないけれど、知ってはいる為、密林が映った時「えっえっ、マジで…」と思った。)

本当ですかっ…

等~と10代の時のような会話を楽しみ。で、今一番多いブースをお聞きすると、携帯から配信されてるモバイルアニメ「ヘタリア金4:30~なのだそうで。(リンク先がここで良いのかも不明)(御免、つД`)・゚・。もう全然ついていけてないワ。)

あと好きな声優は石田彰(メモメモ)。日曜5時代のアニメを「にちご」。土曜6時代のアニメを「どろく」と言うのだと教えて頂く。ハガレンは、飛ばしまくって放映されたので今もうリンが登場してるとか。(そろそろ見なきゃ~…)

51yf1044pml_ss500_1 ところで今萌えの研究」という本を読んでいるのですが、それによると現在オタク三世代論というのがあるらしく、

第一世代のオタクは、1960年前後に生まれた人達でTVの発生に決定的な影響を受ける(現在45歳前後)。

第二世代のオタクは、1975年前後に生まれた人達で、彼らの成長期にテレビゲームが発生(現在30歳前後)。そして第三世代のオタクは、1995年ウィンドウズが爆発的に普及したことから、PCでゲームをやるようになった(現在20歳前後)。

そしてオタクの子供は(そういった環境で純粋培養されると)、子供はオタク的であることが当たり前だと思って育つから、一般的にはより濃いオタクになるのだそうで。(作者曰く「コタク」。)

これで見ると私は第二世代の訳ですが、本を読んでいてふと…、「宇宙戦艦ヤマト」や「ガンダム」等のSFアニメが好きだった父は、ひょっとして第一世代に弱冠入っていたのかもしれない…とか思ったり。かといって、私のオタク度を言い逃れる気は無い。いや、全然ない。(製作の為の勉強だし)

まぁ もし私が子供を育てたら、コタクにする気は満々ですしネ

|

« ピクトさんの本 | トップページ | DVDを買ってきた☆ (スーパー教養セットのようだ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピクトさんの本 | トップページ | DVDを買ってきた☆ (スーパー教養セットのようだ) »