« 大府市にある cafe-kaya ★ | トップページ | 絵本「菜食主義のねこ」 »

2009年7月10日 (金)

「トランスフォーマー リベンジ」を観に行ってきた★

Sc00001_2 前作を試写会で見てから、公開を楽しみにしていた2作目トランスフォーマーリベンジ」を、レディースディのミッドランドへ観に行ってきました (ネタバレしないように書きます多分。)

今日のお仕事は最も早く帰れる日だったので、仕事帰り4:50の上映に突撃っ レディースデイにも関わらず、男性が多めの…余裕の座席数でした(笑)(左は男2人組、右はおっちゃん←他にも席あいてたから 移動したみたいだけど)

この前地上波初登場したのを復習しようと録画したのですが、見る時間が取れなくて、「見ずに行こうかなぁ…」と 思っていたのですが 結局、前日の夜に急ぎ観賞(TV版でも2時間半)。2作目となるリベンジは、敵味方入り乱れての再登場だったので、やっぱり見ておいて良かったなぁと(というか見ておかないと、面白味は半減かも?)

今作は前回よりもあらゆる物のトランスフォーム度がアップしていました

09020103_transformers_revenge_of_th2009_transformers_revenge_of_the__2 でもって嬉しかったのが、剣が出てくるところ。メイドインジャパンな匂いをプンプンさせてくれます。超絶合体もあるしネ 口はひらきっぱなしの 口角上がりっぱなしでした。

予告編で話題になった巨大ロボットいるじゃないですか、アレはもうしょっぱならですヨ 冒頭からブッ飛ばしてくれちゃってます。

さらに、主にアメリカに舞台が留まっていた前作と違い、地球各国からコスモな世界まで飛躍します。

Transformers_revengeofthefallen1その分、荒唐無稽度もMAX()だったけれど(卵から生まれるわ、メガトロンの師匠が出てくるわ…で、どうやってこの後続けるの?) 心の中で「オイオイオィ…話はどこまで飛躍するんだい」とツッコミながら (でも娯楽映画はこうでなくちゃね) 質量何て関係ねぇ!な勢いで変身しまくり (前作でも思ったけど、変身後の方が大きいよね…)、変だとも思わせる隙も与えない程の作品スピードとド迫力

B1382264390_1145396320066_5431後半戦闘シーンのあまりの格好よさに(ノд・。)涙が出ましたヨ。(アメリカの軍事力なら地球外生命体のロボットとも対抗できるんだゼィって感じのとこじゃなくて、バンブルビーんとこね。)

見終わった後 トイレのゴミ箱も、走るバスも変身しそうに見えるし。(大型トラックにいたっては、オプティマスに見えるし。)

最近ヘコんだりもしていたのですが、最高の自分へのご褒美になりました。

200905_13_2040284028668_6651Dsc06414 米「ダークナイト」の歴代記録を抜きそうな「トランスフォーマーリベンジ」。ラストは、まだまだ続ける気満々のようです。稼げる作品は稼いどけーっ!って感じですね いいけどさ

まだまだ映画話に付き合ってやるよって方は↓続く。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

公式サイトでキャラ人気投票していたので投票しちゃいました。昔は悪役がことごとく好きだったのですが、最近思考が平和になりすぎたのか(この映画があまり悪役サイドに感情移入させる余裕を持たせて無いだけかは分かりませんが)、バンブルビーが好きかな。オプティマスも格好良けど(いかにもアメリカンのリーダーの理想像って感じはするが)。

Photo バンブルビー!って呼んでみたい。んで、来て欲しい。 (関係ないけど漫画のキャラの名前を考える時シャウトしやすい名前って 基準があるよ。)

Transformers20revenge20of20the20f_3 人間の主人公のサムが、(前回もそうだったけど) ことごとく死なない。ロボット同士がドンパチやってる足元を全力疾走していても、破片が頭蓋骨を直撃することもなく、踏まれることもなく、とにかく凄い生存率…だと思う(笑)

逆にこの映画のCG製作現場で、サムを死なせる状況に陥らせていない、画の製作が大変だったろうなぁなどと思ったり

トランスフォーマーは1・2作目ととにかく音がいい(ロボット音も)。わざわざ映画館で見るべき作品ってそう多くないと思うのだけど、この映画は大画面でブッ飛ぶ細かな破片まで見て、音の振動を体感して…映画館でこそって作品でしたっ

Dsc06413_2チラシ置き場に、9月楽しみにしているしんぼる」と「ウルヴァリン X-MEN ZERO」があったので持ってきました ワーイ

あと韓流スターイ・ビョンホンがハリウッド大作初主演 しかも こんなん⇒「G.I.ジョー

やぁB級アクションな臭いがプンプン… (キャッチコピーもダサ) 昔からのアメリカの玩具を映画化したんですね。イ・ビョンホン(オールインからホ・ジュノとセットで好きだよ) 敵サイドの忍者だし。(戦闘用の白衣装ダセェ…) 敵サイドのNo.2っぽいし、きっと馬鹿っぽい死に方してくれるんだろうなー。

楽しみ

|

« 大府市にある cafe-kaya ★ | トップページ | 絵本「菜食主義のねこ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いや~、なつみさんの「楽しいっ!」がすごく伝わります!
こんなに言ってもらえて、
この映画作った人たちは幸せですね♪


>人間の主人公のサムが、(前回もそうだったけど) ことごとく死なない。
>ロボット同士がドンパチやってる足元を全力疾走していても、
>破片が頭蓋骨を直撃することもなく、
>踏まれることもなく、とにかく凄い生存率…だと思う(笑)

私もそれは、テレビで見て、思いました(笑)

投稿: metori | 2009年7月12日 (日) 08時28分

metoriちゃんありがと~
いやいや、幸せにして頂いたのは私ですヨ。
(置いていっちゃって御免ネ

最近思ったのだけど、お酒飲んで現実逃避する人がいるけど。
私のお酒の代わりになっているのは映画なんだな~…って(笑)

主人公がタフなのは基本ですね。まぁそれ以上に「リベンジ」はブッ飛んでましたが。
metoriちゃんとはもちっと落ち着いた映画にご一緒しましょ~(笑)
コンガリカフェの後釜のお店、名前分かったよ「SAISHOKU KENBI」だって。
http://xylocopal2.exblog.jp/d2009-06-20
http://ameblo.jp/momoiro625/day-20090614.html
でも公式HPが見当たらない…
菜食なのは、kimikoさんが言ってたから確かなはずだけどね。

投稿: Natsumi | 2009年7月12日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスフォーマー リベンジ」を観に行ってきた★:

« 大府市にある cafe-kaya ★ | トップページ | 絵本「菜食主義のねこ」 »