« 名古屋☆ベジ会 其の12 玄米食の店のら | トップページ | 名古屋にあるチベット寺院 »

2009年6月18日 (木)

ベルギーが木曜をベジタリアンの日に制定 (肉食禁止に)

Dsc05539_3 以前ベジ協会のメールで回っていてもうご存じの方も多いかと思いますが… まとめておきたいのもあってカキコ

5月14日ベルギーのゲント市が、毎週木曜日を「べジー・ディ=Vegetarian Thursday」に制定し、すべての公共機関 学校での肉食の禁止宣言したそうです。

ゲント市は国連の、肉の生産が温室ガスの5分の1を排出しているとの見解を受けて、地球温暖化を食い止めるために、こうした決定に踏み切ったとか

この菜食の木曜日キャンペーンは以前からEVA(Ethical Vegetarian Alternative)主催で行われており、それに市長が賛同し今月から公に取り入れられる事になったそうで。

市とEVAが共同でチラシを用意し、ベジタリアン・レストランのリスト、なぜ菜食が良いのか、環境のため、健康のため、動物のため、そして貧困国の問題等が盛り込まれ(メディアによっては環境だけが前面に出てたりしたそうですが)ちゃんと動物のことも明記されていたそうです。【東京ヴィーガンスクラブ掲示板より抜粋。】

市議会議員Tom Balthazar氏は、こう述べています。「一週間に一度肉を食べないことは 気候変動問題の為、我々の健康の為、また食事を楽しむ為にもなるのです。ベジタリアン食は健康長寿食です。実際フランダース地方では、肉を摂りすぎています。しかも果物の摂取が少なすぎる。このような状態を続けていると、我々の健康にとってたいへん悲惨な結果を招くことになります。」

このゲント市のニュースBBCやCNNを筆頭に、ブラジルから南アフリカまで世界中に報道されかなり反響を呼んでいるようです。(あれ?日本は…?)

Dsc05536 さらに最近ロンドンでも、P・マッカートニーが、娘のステラ・マッカートニー、オノ・ヨーコ、シェリル・クロウらと ロンドンで“Meat Free Monday (肉なし月曜日)”キャンペーンを開始したそうで
「週に一日肉を食べないことにするのは、誰もができる“意味のある変化”だ。これは環境汚染の問題だけでなく、人間の健康、動物の倫理的扱い、世界的飢餓、コミュニティや政治活動にも取り組むことができる」とコメント。

著名なシェフやハリウッド俳優たちもポールの考えを支持すでに多くのレストランが月曜日のミートレス・メニューを用意しているとのこと。この“肉なしマンデー”キャンペーン、 アメリカとオーストラリアでも既に始まっているそうです。

掲示板に日本のマスコミはなぜエコを推進しているのに、肉食についてはだんまりなのでしょうか・・・?プリウスよりも菜食の方がよほど効果があるというのに。」とありました。 いや全くその通りですね。

でもって話は変わりますが、同じく先月のメーリングリストより↓掲載させて頂きますo(_ _)o。

『ここに来て、新型インフルエンザのニュースはどんどん過熱してますね。もちろん、感染の拡大を防ぐことは大事なことです。ただ、そのもともとの話については、ほとんど報道されていません。

ご存知のように、今回の新型インフルエンザが最初に広まったのは、メキシコです。そのメキシコの養豚場からウィルスが発生したと言われています。メキシコではアメリカ資本の大規模な工業的畜産が展開されています。効率優先のその畜産は、糞尿のずさんな処理などで現地の環境破壊にも加担しています。地元の人たちもその被害に苦しんでいます。

ここに来て、その豚由来と言われるインフルエンザですが、日本では、その感染防止だけに躍起になっています。ほとんどのメディアは伝えませんが、そのメキシコの養豚場と日本の関係をご存知でしょうか?

メキシコから輸出される豚肉の「9割」は日本向けなのです!!!

メキシコの養豚場を支えているのは日本だと言っても過言ではありません。今回のインフルエンザ騒ぎで、日本はメキシコを「衛生状態の悪い、しょうがない国」と思っているかも知れません。その実態は、自分たちの食べている豚肉がメキシコ産だとも知らずに、自分たちの食生活を省みようともせず、外国から突然やってきたウィルスに大騒ぎしている何とも情けない日本人の姿が見えてきます。

豚肉は大好きだけど、国内産は高いので外国産の安いものを求め、そこの養豚場で何が起きているのかなんてことは、全く気にすることもなく、そこからウィルスがやってきたと大騒ぎしている日本は、かなり格好悪い国になってしまいました・・・』

追記 2008年度も肉の消費は確実に減少し、チキンの消費は6万7千トン、豚肉の消費は7万4千トン、それぞれ減少したそうです。つまり、屠殺された動物たちの数が、2007年に比べて1千30万頭(匹)減ったそうです

イギリスのベジタリアン人口は2006年の時点で3-400万人肉食者の間でも、肉の量を減らす、赤身の肉は避ける等の傾向がみられるようで全体的に肉の消費が減っているようです 

|

« 名古屋☆ベジ会 其の12 玄米食の店のら | トップページ | 名古屋にあるチベット寺院 »

菜食」カテゴリの記事

コメント

公の週1ベジ、なんとすばらしい!
健康、環境、貧困、動物愛護と、あらゆる問題につながるもんね。
座学ではなく食を通して(子どものころから自然と)感じられるようになったら、
それは社会にとって大きな変化なんだろうな。

本題ではないけど、
チェーンメールじゃなくてメーリングリストね。
(チェーンメールは不幸の手紙形式で連鎖的にまわしていくやつ。)

投稿: hayari | 2009年6月19日 (金) 00時21分

(笑)ご指摘ありがとうございます
(修正しました~) そんな違いが(笑)
日本もこういったことがちゃんとメディアで報道されるといいですね、
利益追従ばっかりで…
本当にエコ活動をしたいと思っている人達にも伝わっていない様に思います

(戦争だって無くなるのにサ)

投稿: Natsumi | 2009年6月19日 (金) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーが木曜をベジタリアンの日に制定 (肉食禁止に):

« 名古屋☆ベジ会 其の12 玄米食の店のら | トップページ | 名古屋にあるチベット寺院 »