« ベルギーが木曜をベジタリアンの日に制定 (肉食禁止に) | トップページ | 「ヴィーガンフィルムフェスティバル★2009」のチラシ配布 »

2009年6月22日 (月)

名古屋にあるチベット寺院

Dsc05455名古屋のチベットと言われていた所に、本当にチベット寺院が建立されたのが2005年。行こう行こう と思いつつ、「撮影禁止だって」という話を聞いて、「何だ、行く意味ないじゃん…」と弱冠忘れかけていましたが。

先月行ってきました(アップするのも忘れてたわ) 日本初の本格的チベット仏教寺院 強巴林 (チャンバリン)

雨がぱらつく怪しい天気ガランとしていて、人っ子一人いませんでした。

階段を上りきると、「これより先、撮影ご遠慮願います」の看板が。(blog写真はここまでですがそりゃも… 以下略) マニ車を回して(チベットの経典が入っており右回りに一周させると経典を1回唱えたのと同じ功徳が得られる)中に入ります

Dsc05345_4 Dsc05349

Dsc05346 Dsc05350

Dsc05426

もし勧誘受けたら、チベット仏教でも入るか…(漫画のネタに)くらいの心意気で行ったのですが、中には誰もいませんでした(たまたまだろうけど)。(いや、そ勧誘なんてそもそも 無いでしょうけど。) 中に入るとお守りや、2つの金剛杵 (こんごうしょ)が十字に交差したビッソヴァジュラのペンダントとかも売っていました。う~ん、首に刺さりそうだ。デンジャラス

奥に見える御本尊(12歳の釈迦牟尼像)の手前に、僧侶が修行をする場所があり艶やかな柱が取り囲む回廊を右回りにぐるりと移動して2階へ。壁にぐるりと金剛バイラヴァカーラチャクラ等のタンカ(仏画)が描かれ、ここの建立をした女性住職が修行に使ったらしい錫杖(しゃくじょう)経典、建立の経緯等が展示されていました。

2Fは吹き抜けになっており、下をのぞくと1階が見えて、吹き抜け部分には ぐるりとカラフルな顔が取り囲んでいました(…女性かな?菩薩っぽい)。

Dsc05439Dsc05444_2鏡内を見終わった後、建物の後ろへ回るべく階段を上がりました。寺院の屋根や細工だけ見てると、本当にチベットそのもの (私は写真で見て描いてただけですが)

遠くに工場が煙をモクモクと吐き出していて、なかなか秀逸な画です (あれ何の工場だろう…と思ってましたが、グーグルマップで見る限り金山化成春日井工場?かなぁ)

Dsc05436 上りきった階段の上には いかにも作られた池が(天国?)あり仏塔がありました。意味は不明。

帰り、チベットの物産品を販売している(敷地内入ってすぐ左手にある)建物、パルコル広場へ

Dsc05343_2 何か いいものがあったら、買いたかったのですが水晶とか…ガラスケースに入ったような物とか、弱冠高級志向(?)な感じでした。しゃがみながら店内舐めまわすように観賞していると、いきなり目の前にヤクのはく製(ヤクの毛を使った、ミニチュア置物)が現れ、おもわず「うわっ!」とビビリましたいや、現地で食されたの有効利用かもしれないですけどね…。

「アレ何ですか~」「これ何ですか~」とお喋りな店員さんに聞きまくり、「楽しかったでーす ありがとうございました~」と去る私 (オイ)。

手で回す小型のマニ車買いたいな~ と前から思っていたのですが (人に使われた中古の方が値段が高く、新品は銀色に輝いていました。そうか最初はあんな輝きなのか。) そんな安くもないのでヤメておきました。

Dsc05456_2Dsc05353

帰ろうと歩き出すと、宗教拠点っぽく 道なりを清掃する方達が「こんにちわ~」「こんにちわ~」と挨拶をしてきました。負けじと挨拶!「こんにちワ…」。

野外民族博物館リトルワールドのチベット(ネパールだけど)はチープですが、強巴林(チャンパリン)はチベットのお寺と同じ様に作られている 建物なだけに、あそこよりは満足しました 1回行けばもういいけど。(イベントでも無いかぎり…)(仮面舞踊とかやって欲しいな)。

もう終わっちゃいましましたけど、最近まで九州国立博物館「聖地チベット」展やっていました。仕事中、その広告を目にした時 飛ぶか…」って頭をよぎりました。チティパティ(墓場の守り主)(髑髏の仮面装束)が展示されてたみたいで見たかったな

|

« ベルギーが木曜をベジタリアンの日に制定 (肉食禁止に) | トップページ | 「ヴィーガンフィルムフェスティバル★2009」のチラシ配布 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

B級スポ!?」カテゴリの記事

コメント

凄いね。守山にチベット寺院があったなんて知らなかったよ。
装飾も凝ってて良さそうだね。チベットに正月の行事とか祭事はあるのかな。
お線香の香りとかあるのかな?
守山がどうしてチベットなんだろう

投稿: mai | 2009年6月23日 (火) 21時42分

maiちゃんコメありがと~
チベット歴の正月では2~4週間程休みになるそうだよいいね。
チベットの寺はお線香じゃなくて、液体バターの中にローソクの芯があって、
巡礼者は持参した液体バターを足していくんだよ
(だからチベット寺院の中はバター香で包まれているそうな)
ここはそんな匂いしなかったけど…。
守山全体をそう言うのかは知らないけれど、(ていうかチベットて言ったの私じゃないよ(笑))
ガイドウェイバスであっち行くと、本当何にもないよ。荒涼と…(言いすぎ?)
遠くに山見えるしSエンスパーク辺りはコンビニも無く…
あまり人と会わないよ。

全然関係ないけど、ガイドウェイバスが地上に降りる駐車場的に広い場所、「ユリイカ」ってバスジャックの映画に出てくる場所みたい。

投稿: Natsumi | 2009年6月24日 (水) 21時55分

お線香はチベットのものを使っている?見たいです。
言ってみたら結構いいところでしたよ?
残念ながらチベット僧侶は常駐ではないみたいですが。
お寺の下にはチベット料理を出す喫茶店がありましたが
チベット料理?とはちょっと違うです。日本風?

投稿: Sonam Ja | 2013年1月18日 (金) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋にあるチベット寺院:

« ベルギーが木曜をベジタリアンの日に制定 (肉食禁止に) | トップページ | 「ヴィーガンフィルムフェスティバル★2009」のチラシ配布 »