« 「アヴァンギャルド・チャイナ」展を見る★ | トップページ | ベジ友と☆お花見会 »

2009年4月10日 (金)

菜食の本

43937414121 RISAッチからribbon「よかったらbookベジ部で回してrecycle」と本を4冊預かってきましたhappy01

ブックカバーでもつけてベジ部cloverとラベルでも貼って (笑) 今度cherryblossom持っていきま~すheart

自然農法 わら一本の革命 」 福岡 正信 (著)

田も耕さず肥料もやらず、農薬も使わず、草もとらず、しかも驚異的に実る稲が実証する緑の哲学。世界が注目する日本の自然農法、自然食の原点や、行きづまるアメリカの農業などを紹介。1983年刊の新版。

8118d0b28fa0cc0ff1d6b110l1奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録」 石川 拓治(著)

農薬も肥料も使わずに、たわわにりんごを実らせる農家。ニュートンよりも、ライト兄弟よりも偉大な奇跡を成し遂げた男の、長く壮絶な闘いの記録。NHK番組tvプロフェッショナル 仕事の流儀」で放送された内容に、大幅な取材を加えて書籍化されたapple

RISAッチがpencilブログにも書いてましたねwink

41t09e0bs9l_ss500_1_2

ベジタリアン宮沢賢治」 鶴田 静 (著)

宮沢賢治は地球とそこに生きるすべての生き物への愛をつらぬいた、ベジタリアンだった。いま地球規模の食糧問題と、核や化学物質による環境汚染の時代を生きのびるために、賢治の生涯とその作品世界をたどりなおし、「わが友宮沢賢治」を鮮やかによみがえらせる、書き下ろし評論

日本唯一のベジタリアン雑誌budベジィステディゴー」のvol.2のbook100頁にも書評載ってます。

tulip宮沢賢治は好きなので…わたくしという現象は 仮定された有機交流電灯のひとつの青い照明ですflair」。コレ先に読ませて頂きま~すbleah (読みたい方いれば教えて下さい。)

昔スーパーファミコンで、movieイーハトーヴォ物語』っていうgame宮沢賢治作品の住人をhouse訪ねていくアドベンチャーゲームがあったのですが。あれの世界観が好きで、作品あまりちゃんと読んでないくせに、何となく好きなんですcoldsweats01 ゲームの冒頭やエンディング…shine音楽がたまらなくtrain 好きだったんですけどnote 驚いた事にcoldsweats02サントラが2002年sign01に発売されていました。 き……聴かねばっsweat01 こういうお洒落なゲームdiamond最新機種でリメイクして欲しいな~

Deadm21presentDead Meatも頂きましたっhappy02good

ワ~ v(≧∇≦v)参考にするぞ~~artshineshine

…さて、recycleベジ部で回せる分は以上ですが。

以前moneybag大須の健康食品のお店へdoorブラリと入った時に、一冊だけひっそりと店内に置かれていた「美味しんぼ」をschool 近所の図書館で予約して、借りてきました。

20081210mog00m200008000p_size51

美味しんぼ 101 食の安全雁屋 哲 (著)

食品の裏側(この本book本当にオススメscissors)の著者、安部 司氏がshadow出てきます。

有機農業の農業の話やclover、実際に現場に行ってcamera取材をしてドキュメンタリータッチで漫画化したことがうかがえて、その分(紙芝居的レトロなpenコマ割りに) 読みにくさをeye 感じますが、安部司氏の裏話や、wave海で海苔を酸に浸す現状、種からのbud安全性の話など、知らないことも多かったのでcherry読んでみて、なかなか収穫でした。

この漫画の中で(海原雄山がjapanesetea「これを読め。」と→)紹介されてる本book変わる家族 変わる食卓岩村 暢子(著) も気になったので、今度借りてみようと思いますdog

|

« 「アヴァンギャルド・チャイナ」展を見る★ | トップページ | ベジ友と☆お花見会 »

菜食」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんちは。
上記、1冊所持、3冊知っているが読んでない、1冊知らなかった。デス。
「変わる・・・」は一度読んでみたいと思ってましたよ。
マクロビオティックだ~安全だ~なんていう以前に今の日本には問題があることに気がつきましたね。
スーファミで宮沢賢治のソフトが出てるなんて・・知らなかった。
そういえば、ベジィステディの海外の記事書いている人が先日店に来ました。w(゚o゚)w

投稿: にこりんぼう | 2009年4月16日 (木) 07時46分

こりんぼうさんsign01
コメありがとうございま~す(≧∇≦)ノ
どの本を所蔵されてるのでしょうかbook気になりました(笑)

>~安全だ~なんていう以前に今の日本には問題が…
ああ、house日本の家族の食卓が崩壊してるって事ですねdespairですねぇ。
「変わる…」は今の勤め先にあるんですよ(笑)今度借りようと思ってますsmileheart01
読んだらショッキングな内容なのだろうと思いますけどね。

wave海外記事書いてる人…sign02(海外出張されて書いてるのかな)
お客さんとの交流があるのもhappy01にこさんのお店の良いところですねclover
ベジィ4号bookもう発売されてるんですよね(買ってませんがsweat01)

投稿: Natsumi | 2009年4月16日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/29061386

この記事へのトラックバック一覧です: 菜食の本:

« 「アヴァンギャルド・チャイナ」展を見る★ | トップページ | ベジ友と☆お花見会 »