« 大学の友人へ私信 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(京都観光) »

2008年10月17日 (金)

伏見稲荷大社へ行ってきました(京都観光)

Dsc00934Dsc01289_2Dsc01288Dsc00936 Dsc01286
大学時代school仏像(だったかな)の講義の最後に、京都へ行ってtrainレポートを書いて提出memoという課題が出された。shadow「京都に行ってない奴(のレポート)は、すぐに分かるからなpaper」と豪語する先生。maple京都なんてgawk修学旅行の退屈な記憶しかなく、レポートの為だけに(しかも仏像見に)わざわざ行きたくないと、night仏像に対面した時の、光の見え方shineや空気感をcloud想像で書きpencil、ちゃっかりbleah単位を頂いてた私ですが(笑)

旅行前bookあっぷる京都を見ていたら、一度行ってみたいdiamondと思っていたmaple千本鳥居を発見☆。京都にあるのか~とcatface ここ伏見稲荷大社と他2箇所shoe見て回って来ました。(遅くなりましたがcamera時系列pc前後しながらアップしていきたいと思いますwinkheart01) 

京都駅からtrainJR奈良線で2駅up。駅を出てrun左スグに鳥居が迎えてくれました。

Dsc00956

Dsc00952

Dsc00951_2

Dsc00964

一先ず本殿で参拝をすませると、本殿横では神楽(かな?)が奉納されていましたbell巫女さん達が鈴を持って、シャン…シャンshineと同じ動作をゆるやかに繰り返し×2(撮影camera禁止)。

稲荷山に入って行く前にhouse外のお土産屋をぐるりeye見て、riceballお昼を(普通に稲荷と蕎麦でcatface)頂くきつねの顔をかたどった煎餅が名物なのでpresent行ったら買いたいと思っていたのですが、顔サイズかと思いきやcat結構小ぶりだったのでやめ(顔につけて遊びたかったcoldsweats01(笑))。

Dsc00971_2 
Dsc00972

door日本でパンズラビリンス的にdiamond異次元の世界への扉があるとしたら、(大木のxmas下とか)千本鳥居だろうなぁとcatfaceshine

movie映画『SAYURI』でも舞台に使われてましたねhappy01

(まだ見てないけど)

千本鳥居はそういうコーナーがupwardleft神社敷地内に(部分的に)あるのかな~とeye当初思っていたのですが、最初に迎えたこの巨大な鳥居群は、ほんの始まりでしたmaple

大きい鳥居を抜けると、二股に分かれて密集した小さな鳥居群が。

Dsc00973

Dsc01278 Dsc01273

Dsc01270

 






run木漏れ日が降り注ぐ中shine朱色の道を…小走りに歩く・歩く・歩く…sign01

異次元へ来た感じは…door異次元へ来た感じは……っsign03 …ちょっと観光客が多くて邪魔かもcoldsweats01 (でも少ししたな)

後ろを振り向くと、鳥居の裏には多くの会社名等が書かれていました。一本購入してmoneybag奉納している形なんでしょうか。

せっさくなので、通りすがりのオバちゃんにcameravirgo縦で一枚撮って貰ったのですが、構図が…sweat02悪いorz(私が真ん中。鳥居と地面の対比が半々で、鳥居の上が切れてる。地面はいいよ~…) しばらくして別の女性に撮って頂くもdiamondデジカメ初だったようで、撮れてもなかったのでsweat01camera一眼レフを持っていた若い男性にpaper撮って頂きました(バッチシgoodshine)。やっぱし観光地で写真頼むのはhappy02ribbonカメラ小僧が良いですね(笑)

Dsc00981_2Dsc00983 Dsc00998 Dsc00994 Dsc00992

二股(どっち行っても同じ)の千本鳥居を抜けるとmaple視界は開けてshine奥社奉拝所。

顔の描かれていない絵馬があり、面白いのでpenバロンの顔でも描いていこうと思ったのですがmoneybag500円だったのでやめておきましたcoldsweats01 

ここにはdiamond願い事を念じて石灯篭の頭を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石upwardright(おもかる石)があり…。 え~…やってみたんですけど(汗) paper相当重かったですcrying(ヒ…ヒドイ) 。(まぁ思いは重いという事で;)

ここに稲荷山のfuji全体地図があったのですが、恐ろしいことに全て回ると2時間Σ(゚□゚*)と書かれていました。ぜ…sweat02全部回る気は無いと思いつつdash、まだ鳥居を満喫したかったので、登りになり始めた鳥居を上がっていきましたrun

Dsc01002

Dsc01003

Dsc01000

Dsc01005

Dsc01012

しばらく行くと、観光客の人波もfootゆるやかになりclover 静かな森の中。

Dsc01018

Dsc01016Dsc01028

Dsc01036

山の斜面に連なって祠が密集しており(千と千尋みたい)mapleこの辺でようやくcatface神聖な異次元感(?)typhoon感じることが出来ましたshine

階段を上がると再び視界が開けてmist 新池(熊鷹社)が。

祠郡の中にはmoon3色んな顔のキツネ像があり、お供え物のapple柑橘系の匂いがしていました。静まり返ったこの辺は…cameraひょっとしてお墓だろうか;。祠でいいのかな。

Dsc01047 Dsc01052

Dsc01051

Dsc01055 Dsc01059

Dsc01060 Dsc01058

Dsc01062 Dsc01065 

Dsc01068 Dsc01071

Dsc01074 Dsc01078


千本鳥居はmaple稲荷山の道中をずっと取り囲むようにfuji連なっていてrun

ここを見れて結構満足したので、そろそろ戻ろうかな~と思いつつwobblysweat01

結局、後もう少し…あと少しだけと、ゼヒゼヒ登って行くとdash

Dsc01084 Dsc01085
Dsc01086Dsc01094 
Dsc01093 Dsc01095

子供らが「ヤッホー!」と叫ぶ、頂上っぽい所に到着sun

四ツ辻という所でしたfoot

しかしここはまだ頂上でもなく、この先全て回ると(30分て書いてあったかな)まだかかると案内がありcute

伏見稲荷大社がfujiよもや山登りとは思っていなかったのでsweat02インドアな私の体力も結構限界paper。ここいらでやめておくことにしました。(多くの人がここで折り返していた模様japanesetea) Dsc01098

Dsc01100

Dsc01101
Dsc01102

Dsc01108 Dsc01113

Dsc01112Dsc01114

暑いしsun何かpenguinアイス系があったら食べたかったんですけど。メニューで見えるのは冷たいぜんざいくらい(?ここまでアイスの材料持ってくるのは大変なんだろう)でも木漏れ日の中clover開放感全開の休憩所が(杖を売ってたりして)素敵でしたchair


Dsc01121Dsc01133 Dsc01137 Dsc01144











upwardleft三ツ辻
(左写真)という所まで降りてくると、maple時計の反対周りで歩いてきたsign05分岐点に到着、そのまま(行き来た道でなく)clock時計反対周りで降りて、本殿へ帰ろうdiamondルートで行きましたrun

道の途中途中でmailto宅配便や郵便物を届けにfoot山道を行くポストマンとすれ違いspade、これが日常なのかな~とshine(´▽`)尊敬。(物語が生まれそう。slate「山の郵便配達」だclub)Dsc01147_2

でもこっち側のルートは…foot千本鳥居は続いているけれどmapleどっちかと言うとeyeお店の裏側的な通りでした。(でも「腰」とか「目」の~とか専門に特化した神様が細々いる。)(upwardright写真右端camera奥にある夫婦の石像はお墓だろうか)

祠を覗くとshoeeye地面にキャットフードがあり、野良猫がいるのかなと思ったらcat案の定2匹の子猫と遭遇。ちょと戯れて遊んでました。

伏見稲荷大社にはribbonキツネ(の像)にも会いに来た訳ですが、ここにもやっぱり狛犬沢山heart01

(右から二つ目downwardright)子連れ発見~sign03(*゚∀゚)=3 初めて見ましたheart04でら可愛いheart

Dsc01154

Dsc01158

Dsc01170 Dsc01173










Dsc01179Dsc01177_3 そしてメタルな狐と遭遇し、

(ジョジョだ、現代ちっくな造形shine)

これは凄いhappy01と思っているとcamera

さらに凄いのと遭遇しました。

Dsc01178

Dsc01184

Dsc01188

Dsc01192







∑(=゚ω゚=;) カエルですよ
sign03

親子でずんぐりむっくりなカエル狛犬(?)、いや~heart04何コレ(*≧m≦*)むっちゃ可愛いribbon。鳥居の真ん中に「福カエル 賽銭箱」とあり、カエル形moneybag貯金箱的賽銭箱が。

鳥居の後ろはfuji立体的に土地が盛り上がっていてmapleまさに千と千尋っぽい世界。

誰もいない中cameraこの出会いを一人喜んでいるとshineどこからともなく(管理人かな)おばちゃんが来て、賽銭箱の前にお米を供えていきました。そのおばちゃんの後ろからはcat猫が一匹ついてきて…。

Dsc01195Dsc01196

Dsc01203

Dsc01200



Dsc01205 Dsc01201 被写体~GETsign01camerarun

追いかけていたら、小屋の後ろにまたもや可愛い狛犬と出会いましたheart(右側・鼻が欠けてる)

「そのままsign01(*゚▽゚)ノそこ止まって~paperと言ったら本当に止まってくれた一枚camera

「ハイ、OKsign01バッチシwinkscissorsサンキュ~~diamond」と言ってこの場を去った後、

footしばらくして振り向いたらcatまだ燈篭の前でじっとこちらを見ていましたeye

そしてこの後、参道とはズレた人気のない道を下って行くと…

Dsc01209 Dsc01212Dsc012111 背筋に寒気を覚える最大級の狛犬(後ろ姿)がっsign03

「いやぁあー!!何アレ気持ち悪いshock(背中のイボイボ感)sign01」と降りていくとrun、降りた先にもまた猫がcatheart01和んで、一瞬忘れた狛犬を振り返って見ると……………………

イヤァアー怖イィ━━━━━━━ッッ!!!!! ((@Д@;;

今まで見た狛犬の中で一番のデカさと、ブツブツ&図々しいまでの(sign02)巨大顔でした。 今回一番の収穫かな(;´▽`A``

Dsc01225

Dsc01228

Dsc01230 Dsc01231











Dsc01239しばらく行くと通常の参道にfoot道は繋がっていて、再び可愛い狛犬にも遭遇heart01

カエルの石像に心を打たれていた時、不釣り合いにも「Y~M・C・A~noteと気が抜ける運動会音楽がnotes森の向こうからずっと聞こえていたのですがchick

こちらの道には住宅や保育園が密集しているらしい。(でも神社の敷地内)house

TVtv「ナニコレ珍百景」で紹介されていた

「くぐれない鳥居」も発見diamond

Dsc01257 Dsc01259

Dsc01283
八島ヶ池ではmist石亀だか、緑亀だかすでに分からない(20年以上は生きてるだろう)デカキモイ亀を見かけたりして、スタート地点に戻りました。

違う道通ってきて良かったshineと、千差万別な狛犬達との出会いとheart01千本鳥居の体感を胸にcatface次の目的地へ向うべく、京都駅へ戻りましたrun。  paperつづく(多分)。

|

« 大学の友人へ私信 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(京都観光) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カエルの石像、可愛いねぇ(=^▽^=)狛犬もキツネも、マッチョなのやキュートなのやメタル(笑)なのや色々一度に見れるんだね~。私も今度京都行くときがあったら寄ってみたいなぁ。あと地元の豊川稲荷にもキツネが一カ所に何百と並んでる所があるよ。森の中だから、ほの暗くて神秘的だよ。こんど勇気出して写メするよ(結構怖い…)

投稿: ふみ | 2008年10月19日 (日) 16時27分

ふみちゃんheart01
 豊川稲荷ーdiamondキツネが何百と…sign02happy02スゴイスゴイ、見てみた~いheart01
 夜に写メしたらnight怖いのでは(笑)cat

 ここの千本鳥居も、夜にはライトアップされて、提灯的な光がぽつりぽつりと誘導するみたいだよ。夜に歩いていったら、余計異次元へ飛ぶんだろうな~moon3catface
 こういうちょっと大きい神社って、きっと参拝客があまり足を運ばないような所に、うじゃっとああいう像があるんだろうねclover

 一昨日またトミーから電話があったから、ふみちゃん会いたがってたよって言っておいたよ~catface何か、前世の話になって、トミーtelephone自分は原爆で死んだ記憶があるって言ってたよcoldsweats01何か凄い話でしたtulip。(俺は信じるって言ったけど)(笑)
 また今度ゆっくり聞きたいわ。

投稿: Natsumi | 2008年10月20日 (月) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/24560546

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷大社へ行ってきました(京都観光):

« 大学の友人へ私信 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(京都観光) »