« 伏見稲荷大社へ行ってきました(京都観光) | トップページ | マンガミュージアムへ行ってきました (京都観光) »

2008年10月21日 (火)

梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(京都観光)

Dsc01312昔から自動車は排気ガスの臭いやcar音が好きではありませんが、train電車はfuji何かとドラマがあってnotes好きな私。(漫画の題材的にも)

bullettrain新幹線に生まれて初めて乗った日にshineribbonここへ来たそうですが、そんな事はてんで覚えておりません母上。

…という訳でpaperconfident

京都駅からバスに乗りbus徒歩5分shoe

梅小路公園のhouse緑の館と博物館を間違えそうになりつつrun梅小路蒸気機関車館へ行ってきましたhappy02diamond

Dsc01749Dsc01746Dsc01613

Dsc01743

  







まず最初に迎えてくれるのがdiamondhouse日本最古の木造駅舎「旧二条駅舎」(京都市指定有形文化財)。中へ入ると、入口のショーケースにはさっそくトーマスが並んでいました(笑)(売り物でなく)

甥っ子にトーマスのDVD買ってあげる際にtv 観ましたよ~eyeshine。コマ撮り作品が好きなのもありますが。トーマスってbus子供が好きな蒸気機関車が擬人化されていて、かつ青くてspade、機関車だから種類も(仲間が)いっぱいあって、エンターテイメント(児童作品)的にこれ以上はないって路線行っちゃってますよねpresentちなみに私はゴードンが好きです♪甥っ子はトビーとパーシーって言ってたけど★もう卒業しちゃったかな。  

入館料大人400円払って中へmoneybag

旧二条駅舎の中がまず資料展示館flairになっているのですがcamera、暗くなっても写せるところはpapercatface後回しにして、先に外の蒸気機関車を鑑賞に行きましたrun

Dsc01407_2Dsc01430

Dsc01356

Dsc01367  








heart01扇形
(せんけい)機関車庫~~~~~heart04 w(*T▽T*)w

一度は観てみたかったんですよhappy02scissors。もう嬉しくって嬉しくって、リアルトーマスな世界ですねheart (トーマス達の寝床night)。

ここ梅小路蒸気機関車館では、往復10分のSLに乗ることが出来るのですがtrain、最終3時半の運転後は、中央の転車台でrecycle回転する姿も観れるんでスョdogsign03

Dsc01388 Dsc01412 

Dsc01358

Dsc01370 Dsc01402

Dsc01460

萌えながらheart02 写真撮影に没頭していると、荷物が重い…wobblysweat01 

(京都駅で預けてくる予定だったのにmoneybag嬉しさ半分忘れてた;)

コインロッカーを探したら…300円の大きいサイズしかありませんでした(;・_・)。一人使用でこれって勿体無いけど…sweat02camera撮るのに気が散るので(荷物重いと機嫌悪くなってくるお子様だしcoldsweats01(笑)) 預けていると、そろそろSLスチーム号の最終の案内がアナウンスで流れkaraoke

レッツ体験乗車へnote

Dsc01311Dsc01316_2 Dsc01324 Dsc01321

Dsc01525_2

camera動くSLスチーム号(この日はD51200号機) が撮影出来るポイントでは、カメラ小僧が3脚を立てmovie待ち構えdogheart

その後ろ(ちびっこ広場)では玩具が散乱した砂場やclubテーブル・ベンチ等があり、家族連れがピクニックをしていましたriceballcafe (私もしっかり↑動画撮影)

Dsc01469Dsc01470

Dsc01477

Dsc01495大人200円moneybag小人100円の往復10分の短い路線。

ガタンゴトンnoteガチャンbellと無骨なSLの音に揺られて、(機関車の童謡が流れて♪) 

ぷおーーーーーーーーーーッ!!!…っとサービス全開の汽笛が鳴り、道沿いの梅小路公園のベンチではvirgo待ち構えてたキッズや家族連れがgeminipaper休憩しながらriceball手を振っていました。 ここが近くの子はいいなぁcatfaceclover

Dsc01382
Dsc01429 Dsc01522
Dsc01523

最終を降りてfooteyeやや待ってから(進入する線路にはロープがはられてしばらく反対側へ行けなくなるので、右側か左側から撮るか決めておく) diamondSLスチーム号は到着場所から、転車台へdash

shadow車掌さんのアナウンスがkaraoke「台車の重量は125t。千四百馬力。最高速度は85キロで走りました。」等と解説が流れる中trainゆっくり進入。シュー、シューdashと止まりhorseあの巨大がヴィィーーーー…ン と反時計周りに回転し始めるrecycle

最終サービスとばかりにear耳の鼓膜が振動するほどの、ピュオ━━━━━━━━━━━━ーーッッッ!!! と甲高い汽笛が鳴らされ、小さい子供がchicksweat01怖がってました(笑)  (私はしっかり動画撮影heart04)

Dsc01513 Dsc01532 Dsc01504

回転後は、お客さんが見える位置に止まりgemini、砂と水でデロデロになった動輪やその奥を洗浄してwave、機関車に石炭や水を補給していました。

newmoon石炭が近くにあったのでpaper 触ってみたのですが、手にススが付きますね。石炭車の上で寝っ転がってimpactアクションしたら、真っ黒くろ助になるのか(ナルほど)。子供が私の真似して触って、怒られてました(笑) 

ここ梅小路蒸気機関車館で撮影している間camera、何故かずっと唇の周りが苦くって、なんぞ悪いもの食べたっけなぁ…と考えていたのですが、蒸気機関車の煙でkissmark苦味を感じていたんですネsign01dog

機関車庫の中では、子供向けのスペースも作られていてchickプラレールが置いてあったり、工作教室やSL音クイズラリー等も行われていました。

Dsc01568Dsc01551Dsc01566 Dsc01587_2Dsc01600_3


資料展示館へ行くと、(upwardleftパーシーだ(笑)) chair 機関助士が(均等に投げ入れる為の)投炭練習機があり、蒸気機関車の運転は車よりも難しいのだとsearch知りました。石炭投げ入れるのが相当重いし、運転に最低2人は必要だし。主人公がmovie易々と運転を代わるなんて事は出来ない訳ですね。(この練習機、ただの木のBOXだからpaper、投げ入れた後はまた自分でshadow石炭を回収しなきゃいけなかったようですsadsweat01大変…。)

C11形蒸気機関車のカットモデルが置いてあったり、全盛期(昭和20~30年代)の梅小路機関区のジオラマや。世界の蒸気機関車の80分の1模型。SLの仕組みを解説した動く模型等がありました。

Dsc01609 Dsc01608
Dsc01617 Dsc01634
Dsc01641

車庫の半分はtrain展示されている蒸気機関車の運転席に入ることが出来てchair

上からeyeSLを見下ろすことが出来るスペースも作られていますcamera

Dsc01697 Dsc01735

Dsc01700_2

Dsc01706

Dsc01722

Dsc01717 これでもかsign01これでもかsign03(シチュエーションも想定しながら) camera撮影しまくり、これで今後train蒸気機関車でpunchバトルすることになってもpen資料はバッチリです(笑)

チラシも色々貰っていったのですがmemo大阪にも交通科学博物館があるんですねcatheart01

dramaこの前OPEN一周年diamondを迎えた大宮の鉄道博物館にもいつか行きたいなぁ。数年内に名古屋の港に、bullettrain全国初の新幹線の博物館が出来るそうですけど。新幹線は速すぎて…ちょっと色気がないなぁ(出来たら行くけどcoldsweats01)。

tulip大満足で後にして、watch時間が無くなってきた中、最後の目的地へ向かうべくbus再び京都駅へ戻りましたrun。 (つづく☆次ラスト)

|

« 伏見稲荷大社へ行ってきました(京都観光) | トップページ | マンガミュージアムへ行ってきました (京都観光) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スゴイね!
気合入りすぎなのが写真から伝わりますthunder
そうか~、資料ね。
常にそういう視点でモノを見てるのがさすが!だね。
勉強になります!

投稿: Risa | 2008年10月23日 (木) 23時48分

ありがとう~winkheart01
アップしたのcameraなかなか良い出来だと思う(笑)
知識は浅いけど、興味だけは広いよcatscissors

投稿: Natsumi | 2008年10月24日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/24628738

この記事へのトラックバック一覧です: 梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(京都観光):

« 伏見稲荷大社へ行ってきました(京都観光) | トップページ | マンガミュージアムへ行ってきました (京都観光) »