« 「天元突破グレンラガン」見終わりました | トップページ | 崖の上のポニョ展へ行ってきました »

2008年8月23日 (土)

書籍「いのちの食べかた」

Image6271_4 映画movie『いのちの食べかた』のDVDはまだ出てないのかなeyeとアマゾンを調べた時pc現れた書籍、book『いのちの食べかた』森 達也 (著)。近所の図書館にあったので、借りてきました。

「ベジタリアン」の記述があるのは一ヵ所だけclover 肉を食べるようになった経緯(歴史)と肉が出来るまで、そしてそれに関する差別の話。

「よりみちパン!セ」という中学生以上に向けたシリーズで、ルビがふってあり P数は少ないけど、訴える力のある文章力と濃い内容でした。

「何が大切で何がどうでもよいかの判断は、知ってから初めてできる。知らなければその判断もできない。」

明治時代は牛乳に対してtaurus、「生臭い」「動物の乳など汚らわしくて飲めるか」と怒る人もいたけれど、bomb日清・日露戦争で傷病兵の栄養剤として注目され、急激に一般社会にも普及した経緯とか。(この時代、木の桶に入れて、ひしゃく等で量り売りをしていたそう。) 「屠殺」「と殺」という言葉は、今はあまり使われておらず、「屠畜」あるいは「と畜」と言い換えられているとか。

book僕らは、とても忘れっぽい。言い換えればすぐに、目の前の現象や今の環境に馴れてしまう。それが当たり前になってしまう。これを思考停止という。少し話が大げさになるけれど、この思考停止がいくつも重なると戦争が起きる。回避する方法はいくらでもあったはずなのに、誰かが思考しなくなり、やがて皆の思考が停まり、そして戦争が始まる。すべてが終わってから、誰かが言う。「どうしてこんなことになっちゃったんだ?」そこで皆が顔を見合わせる。責任者を探すけれど見つからない。それはそうだ。責任者は全員なのだ。でも誰もが、いつのまにかそれを忘れている。だから(略)何度でも書くよ。知ることは大切だ。知ったなら忘れないように、思うことを停めないように、何度でも深く心に刻もう。horse肉はどこから来るのか?

屠畜には2つの大きなポイントがあること。1・なるべく苦痛を与えない(作業の安全を図る為にも)。2・放血(身体から血を抜くこと)は、生きているうちにやる。血を残したまま死んでしまった動物の肉はpig固まった血の味が肉に混じって、restaurant食べてもおいしくないから。bookでもこれは簡単じゃない。血はすぐに固まるから、生きたまま血を抜くことが出来れば理想的だ、でもそんなことは不可能だ。taurus血を抜かれて生きていられる動物なんていない。苦痛を与えない。生きたまま血を抜く。この2つの問題を、屠場ではどうやって解決しているのか…(以下略・屠畜の方法) 

食用にされる牛や豚の雄は、ほとんどの場合生まれてすぐに去勢(その方が柔らかくておいしい肉に)される。種付け用に残す豚や牛は、他の家畜に比べたら長生き出来るけれど、年をとってtaurus種付けが出来なくなるとimpact彼らもまた出荷される。book『牛や豚たちはきっとこう思っている。「僕たちはたべてもらえて幸せだ」と。』………そんなごまかしやきれいごとを、僕はこの本に書くつもりはない。殺される彼らはやはり哀れだ。殺されて嬉しい「いのち」などありえない。幸福なはずはない。僕が書きたいことは、彼らを殺しているのは、君であり、僕であり、僕たちすべてなのだということだ。

宮沢賢治が書いた童話moon3「よだかの星」は、生きる為に沢山の虫を食べなくてはいけない自分の運命に悩み、心を痛めchickついには自分の命と引き換えに、夜空の星になる話ですが。book星になれない僕らはどうすべきか。知ることだと僕は思う。知ってそのうえで、生きてゆくしかない。それはとてもつらいことだ。でもつらいからといって目をそむけてはいけない。

今、君の目の前にコップがあるとする。真横から見れば長方形に見える。でも真下から見れば丸い形に見える。当たり前だって?うん、当たり前。でもこの当たり前さを、僕らはときどき忘れてしまう。よく覚えていてほしい。モノは見方でぜんぜん違う。(略)歴史も同じだ。教科書に載っているのは一つの見方。それを頭から疑えということじゃない。でも、他の見方もきっとある。大切なことは、いろいろな見方があるということを覚えておくことだ。

第2次大戦が終わった時、memo「国民は軍部や政治家、そして新聞に騙されていた」と世論が盛り上がった時期がある。でもそれに対して「だまされることの責任」を説いた人がいる。movie映画監督の伊丹万作という人だ。「戦争責任者の問題」というエッセイだ

【さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えて騙されていたという。私の知ってる範囲ではおれがだましたのだといった人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつ分からなくなってくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はっきりしていると思っているようであるが、それがじつは錯覚らしいのである。たとえば民間のものは軍や官にだまされたと思っているが、軍や官の中へはいればみな上のほうからだまされたというにきまっている。すると最後にはたった一人か二人に人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の知恵で一億の人間がだまされるわけのものではない。(中略)つまり日本人全体が夢中になって互いにだましたりだまされたりしていたのだと思う。】  とても大事で本質的なことだ。戦争は軍人や政治家たちが起こしたのではなく、日本がその方向に進むことを何となく許容していた日本人全体の責任だのだと、伊丹万作は言っている。新聞も戦意を掻き立てなければ、売れなかったからだ。戦争への反対意見を表明したら、明らかに部数が落ちたからだ。要するにsun当時の日本国民は、ほとんどが一丸となって、だまされることを望み、その結果として、新聞をその方向に追い込んだ。

全員に責任がある。無自覚だったからだ。知らないからこそ、かつての僕らはあっさりと麻痺をして、そしてあっけなく暴走した。その結果、何十万人もの人々を殺し、何十万人もの人々が殺された。大切なのは「知ること」なんだ。知って、思うことなんだ。人は皆、同じなんだということを。いのちはかけがえのない存在だということを。

肉だけじゃない。僕たちはいろんなものから、気づかぬうちに無意識に目をそらしている。見つめよう。そして知ろう。 難しいことじゃない。目をそらさなければ、いろんなものが見えてくる。そしていろんなものが見えるから、知ることもできる。そうすればきっと、部落差別はもちろん、世界中から差別なんて、いつかはなくなると僕は信じてる。悲惨な戦争だって、いつかはきっとなくなる。そのときに僕たちは、きっと顔を見合せてつぶやくだろう。

不思議だなあ。どうしてあんな、バカバカしい時代があったのだろうって

以前読んだ詐欺師の本でclub「人は信じたいことを信じる」という人の本質を思い出しました。pc『ももの宝箱』というHPで、動物の権利をすすめる団体horsePETA制作のCDをcd善意で無料プレゼントしているのですがshine旅行前に届き鑑賞しましたweep

こちらpig「Meet your meat」のナレーションが無い内容でした。という訳で、search知ってください。

ちなみに『ももの宝箱』さんに載ってる「倫理と菜食」は、私の部屋と某所に貼ってありますsmile(笑)

|

« 「天元突破グレンラガン」見終わりました | トップページ | 崖の上のポニョ展へ行ってきました »

菜食」カテゴリの記事

コメント

昨日本屋さんに立ち寄ったとき、「いのちの食べかた」を見つけて手に取りました。
買おうかなぁと迷ったんですが、お給料日後にしようと棚に戻しました。
早く読みたいなぁ!
なつみさんのこの記事の中の抜粋だけでも「うんうん」とうなずきながら読んでしまいました。
と殺の事を考えると悲しい気持ちになります・・・。
「感謝して食べればよい」という言い方をする人もいますが、もし自分が食べられる立場だったら、と考えると、感謝なんてされるよりも殺さないでほしいと思いますよね。
肉食の人の方が多数であり「一般的」である社会では、とても繊細な話題かなと思いますが、肉を食べる選択をするならそれはそれ、ただ肉が売り場に並びそれを自分が食べるまでにどんな事が見えないところで起こっているのかを、知った上で食べて欲しいなと思います。

投稿: あいぼん | 2008年8月23日 (土) 17時22分

あいぼんさんheart01
 そうなんですかsign01(タイムリーdiamond)あいぼんさんは勉強家ですね~happy01私もこの本、買ってもいいなと思いました。
 bookちょっと本文から抜粋しすぎちゃったなと思ったのですがcoldsweats01(でも夏の読書感想文してるみたいで楽しかったsun)それだけ良い文章が多い本なので。この方はドキュメンタリーも撮っているようで、movie昨日のベジ会でFANの人がいました。

>感謝なんてされるよりも殺さないでほしい
 とはその通りですねribbon肉を食べるかはtv映像を見て、肉が体に必要ないことを知ってから(pc「菜食のススメ」より)選択して欲しいと思います。
 

投稿: Natsumi | 2008年8月24日 (日) 11時28分

はじめまして。
屠殺場の事について書いてあったので、メール送ってしまいました。
私は、「命の食べ方」「FAST FOOD NATION」等の映画を見てかなり衝撃を受け、その影響から卒場論文でこの題材を取り上げようと考えています。そのために一度実際の現場に足を運びたいのですが、その方法を知りません。もしよろしければ教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿: まーくん | 2010年5月27日 (木) 01時44分

まーくんさんpig
はじめましてshineメール…?上記のコメのことでしょうか。
卒業論文でshine素晴らしいですね…sign01
しかし残念ながら私も連れていってもらった口なのでsad詳しくありません。

見学ダメな所と、受け入れているところgood(主に公共?)があるようです。
東京だとhttp://www.shijou.metro.tokyo.jp/index.html
名古屋ならhttp://www.meisyoku.com/
他に…
>畜産学科のある大学を通じてお願いする。
>卸売市場や食肉市場か、そこを管轄する役所に問い合わせてみる。

だそうです(pcネットからの情報コピペでスミマセン…)
地元のお肉を扱っているrestaurant卸売市場(食肉市場)はどこか調べて、
そこに直接telephone見学を受けれているか問い合わせるのが良いと思います。
市場がどこか分からなければ、市役所に問い合わせるとか、図書館に行ってfoot調べ方を教えてもらいましょう。

あ、見学したい理由は最初にpaperハッキリさせておいた方がいいと思いますよ。
「動物愛護」は絶対ダメですcoldsweats01そのまま「卒業論文(勉強の為)」でいいと思いますがclover
一番問題なさそうなのが「求人(仕事についてみたくて興味がある)」かも…?

投稿: Natsumi | 2010年5月27日 (木) 23時59分

ありがとうございますhappy01
参考になりました

早速取り掛かってみます

投稿: まーくん | 2010年5月28日 (金) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/23186995

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍「いのちの食べかた」:

« 「天元突破グレンラガン」見終わりました | トップページ | 崖の上のポニョ展へ行ってきました »