« 広島2日目 宮島へ | トップページ | 「天元突破グレンラガン」見終わりました »

2008年8月22日 (金)

広島3日目 萌える呉

Photo 前日pisces泳いだのもあってか筋肉痛の朝sun。初日と変わってgeminiゆっくり起き、朝食に1時間遅れていったらcloverサラダはなくwobblyビタミン不足を感じながら宮島コーラルホテルを後にし、宮島口駅→広島までJR山陽本線でtrain、広島→呉までJR呉線快速(瀬戸内マリンビュー)で移動しました(1時間強)。wave(広島の港から呉を眺めながら到着出来るスーパージェットshipもあるのですが2千円だし、お金節約。)

広島市民がshadow広島には案外mist海水浴場ないよと言っていたそうですが(名古屋に比べればあると思うけど…)、車窓からはtrain港やビーチ、呉ポートピアパークが見えました。Photo_2 Photo_3

3日目はマチコさんも特に決めてなかったのでcatface、私の希望diamond

2005年にオープンした大和ミュージアムと、呉のship造船場を見にいきますheart04ワクワク。

駅到着後ロッカーに荷物を預けmoneybag、観光案内で読んでたbook呉探訪ループバス「くれたんの一日乗車券(ミュージアムも割引になる)bus 移動しようと思ってたのですが、この日は月曜日。土日祝しか運行していないようでした。でも大和ミュージアムは徒歩5分なので、一先ずミュージアムへ歩いて向かいますfoot呉のことは細かく調べてなかったので(地図なし)、最初90度行く方向間違えて歩いてましたがcoldsweats01。 

途中mist川上ビアガーデンっぽい建物とか、bicycle沈んでる自転車とか(壊れ方が海水っぽい)、川に渡されたパイプとか(何の?)、train線路とかいちいち素敵でした。遠くに造船場のアームが見えてきてcameraheart04、ミュージアムに到着。

Photo_4 Photo_5
Photo_6
Photo_7
大和ミュージアムは右翼的な展示かと思いましたが、HPにある通りpc平和を伝えている博物館でした。ここへ行くと、大和って格好良いlovelyと思ってしまうのは…仕方ないですが^^;。

館内へ入るとshoe戦艦大和の10分の1スケールの模型がお出迎え。shadowスタッフの方が来館者のカメラで撮ってくれますがcameraプロっぽい方も待ち構えていて、こちらは後からpresent購入出来て1000円(スプラッシュマウンテンかwave) どうせプリントアウトするんだから、安く売ってくれればいいのに…勿体無い以前こういうの買って後悔したことあったので、買いませんでしたが。

10分の1スケールの横にはtv CGで大和の性能を解説しているタッチパネルがありgameゲームのように気合の入ったshine出来のCGでしたcoldsweats01

Photo_8Photo_11Photo_9

Photo_10

戦艦大和の部屋には冷暖房があってpenguin動くホテルと言われていたとか、敵を照らすflair照明用の湾曲した鏡は、今の技術では作れないとか(それって;どういう事…?)

大和が完成した進水記念にpresent作られたけどbomb国家機密(大和を作ったこと)がバレないようにjapanesetea配布されなかった記念茶碗や風鈴。

お守りとして大和と共に乗船していたvirgo市松人形とか(怖っ!)。士官室に飾られており、最後の出撃の際に搬出された「みのほ関」中村研一(’41)画の絵画(暗い絵だナ…)等がありました。

Photo_12

Photo_13Photo_14 Photo_15

そして今の戦艦大和ship

九州の南西沖にmist沈んだままです。99年にタイタニックの海底探査を成功させたチームが探査した様子の映像がmovie流れていましたtv

爆沈する様子もCGで再現されていたのですが、砲撃を受けながら上と下が一回転して火薬庫(?)が爆発impact真っ二つになりながら、沈んでいったと予測されているそうです。

Photo_16 Photo_17

A

Photo_18

Photo_19 Photo_20

Photo_21

Photo_22







松本零士の展示もありnight漫画原稿(ただの原寸大)や宇宙戦艦大和の模型。

南米に衝突した隕石がnewmoon持ち上げていいと置いてあったのですが、尋常じゃない重さでした。これ横から振り子のように当てられただけでimpact致命的っぽいsweat01こんなのが運が悪けりゃ降ってくるのかmoon3恐ろしい。Photo_23 Photo_24

博物館を出る前、最初に撮ってもらったcamera1000円の写真を見てeyeスルー(笑)。マチコさんにメールするとphonetoまだ館内だったので、先にミュージアムショップを覗いてましたtoilet

この後は造船場に行くのに、カメラは外ではshine撮れないしweep と、昨夜から意気消沈downしていたのですが、思い切ってcamera写ルンです何てsign01アナログなものを買ってしまいました…シクシク高いよ。 大和のラミカ付でsweat02930円heart03

旅行前に見たpcミュージアムのHPで気になっていたのはpresent、「げんまい乳」taurusもしやと原材料見てみると、『玄米・こうじ・砂糖』オンリーでしたbellオーshineベジ仕様happy02。一本飲んでみましたclover。甘くて玄米でフルーティー(?)ちょっと甘すぎかな、でも栄養飢えてた腹に沁みましたcatfaceheart01 マチコさんにも一口あげようと待ってたのですが…、まだ来なかったので全部飲んじゃいました。 彼女も結構virgo展示を食いついて見ていたご様子。よかったよかった。

Photo_25 Photo_26
お昼cafe お腹も空いたので、先月ミュージアム横にOPENしたばかりの「SEASIDE CAFE・ビーコン」へ食べにいきました。その時は材料切れかrestaurantランチが2つの中からしか選べなかったのですが、呉の魚介たっぷり海の塩カレー¥950がお肉無しってことで、二人同じく注文。サラサラヘルシーで美味しかったですcatfaceshine(ルーの量少し少なかったけど)。 spadeここら辺の港の景色も素敵good

Photo_27 少し港を眺めた後run大和ミュージアム横の海上自衛隊呉史料館てつのくじら館(無料)へ向かいましたhappy01

入る前virgo「私あまり撮らないと思うから…。」とマチコさんがcameraデジカメ貸してくれましたcrying私の2GBのメモリーをブッ刺し準備完了。ありがとう…ありがとうマチコさんribbonPhoto_28

戦争後はmist海に沢山の機雷が残される。その海洋に敷設された機雷を除去しship航路の安全を図ることを掃海そうかいと言うそうです(知らなかった)。

海に潜む機雷の種類や、掃海艇の構造や機能。最も危険な任務に従事する水中処分員(最後の処分は人の手で)の様子。自ら音を発し、囮となって機雷を爆発させる発音体「S-2」とか。ネタが浮かびそうだpencil実物も色々置いてあったので、バッシバッシcamera撮りまくるcatfaceheart04

Photo_29 3Fは潜水艦の機能や、館内生活の様子が見れました。

slate潜水艦映画って怖いからあえて見ないんですけど。(ブシャー!って水が入ってくるシーンとか、乗組員が音を立てずにシンとなった時に聞こえる水圧の音とか。あんな逃げようのない空間で死にたくな…;)

乗組員の食事やベットも展示されていてpaper入っていいということで寝っ転がってみました。なかなか…入るもの大変なsweat01狭さなんですけどsweat02。寝ると目の前が上のベットで…shock起きたらすぐ上にブツける。ああ、恐ろしい。

そして博物館の顔になっている、4年前まで実際に仕様されていたmist潜水艦「あさしお」の中へ!!


Photo_42 Photo_43 Photo_44 Photo_45



Photo_46 Photo_47

うわっ ひゃひゃ~happy02heart04

通路foot超狭いのに所々cameraカメラを向けて立ち止まっちゃいましたcoldsweats01(後から来る人の邪魔;)。

コックピットの方は撮影禁止でしたがthunder

男性より女性の方が喜んでるカップルがいて、virgo「配線が素敵~heart01」とか言っていました。(私と同じ人だ…)(笑)

Photo_48 Photo_50 大満足でheart02てつのくじら館を後にしcatface、大和ミュージアム駐車場2Fでmovie映画「俺たちの大和」で使われたセットが企画展示されていたので見にいきました。

呉駅へ一旦戻りshoe、市バスに乗車bus いよいよ造船場へ向かいますbleahscissors





Photo_39 Photo_40 

Photo_41 「子規句碑前」で降りてbus歩道橋を渡ると現れるのがeye歴史の見える丘heart04

わ~いわ~いhappy02 ひゃっほうnote  マチコさんから借りたカメラでcamera(交代しながら)撮りまくりheart

坂の上ではcar車が通っていくだけで、特に人通りもなくfootガターン・ゴゴーンと工場の音だけが聞こえていました。sun呉の港とship造船場で働いてる人たちが、小さく働いているのが見える。(クレーンの中の人、また物好きが来たって思ってたかな(笑))

ここより南のbus「潜水隊前」で降りると、日本で最も近くにmist現役の潜水艦が見られるアレイからすこじまがあるそうでしたが、(毎週日曜は10時、13時、15時に隣接する海上自衛隊呉基地で護衛艦を一般公開) 体力も限界だったので、ここで終了。まったり夕日に沈む造船場を眺めcloverバスに乗って呉駅へ戻り、再び電車でtrain広島駅へ戻り(三原まで行けばいいと思いましたが、窓口のお姉さんに広島から帰った方が断然早いと言われ。)bullettrain 新幹線で名古屋へ帰りましたkissmark(帰りも座れた運のよさshine)

大和ミュージアムとpiscesてつのくじら館は思っていたより良くってtulip呉の雰囲気も大満足good。広島行ったら、へも是非heartお勧めですhappy01paper

|

« 広島2日目 宮島へ | トップページ | 「天元突破グレンラガン」見終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/23165052

この記事へのトラックバック一覧です: 広島3日目 萌える呉:

« 広島2日目 宮島へ | トップページ | 「天元突破グレンラガン」見終わりました »