« 環境を守るために | トップページ | 安藤忠雄 講演会へ »

2008年7月10日 (木)

「ワンダーWORLD」を買ってきた♪

Photo_4  以前、定期購読していた 日本の《異空間》探検マガジン「ワンダーJAPAN」

部屋に置くスペースが無くなってきたので 買うのやめようと思っていたのですが(5巻が抜けて、6巻まで買って終了)、どれくらいまでいったかな~とふとHPを覗いて見たらずっと前に「いずれやります」と予告していた「WORLD」版がすでに発売していました51zk5hxu6ml_sl500_aa240_1_2

世界版は洋書Fantasy Worlds(出版社TASCHENの25周年を記念した、お手ごろ価格なラインナップの一つ) を見た時も、おもしろニュースサイトGIGAZINE5万以上もの十字架で埋め尽くされてる丘ゲームのように整然としたメキシコの街並を見た時も、世界のB級スポや廃墟に珍建築、まだ見てない壮絶(or脱力)な光景をもっと見たいと心高まっていたのでその告知に楽しみにしていました。

丸善へ行ってみると3階カウンター前にワンダーなコーナーが作られていて…ヤバかったです  団地に、地下観光に、路線に、造船、「ストリート・デザイン・ファイル」シリーズの復刻版とか、あれこれ欲しくなるところをぐっと堪えワンダーWORLDだけ一先ず買ってきました

Photo_5 もう最高というか最強ですタイの立体地獄絵図の割合が多い感じですが、こんな所が存在していいんだろうかっていう、製作者の脳内麻薬全快な チープでキッチュ、ミラクルワンダーにイカレたスポットのオンパレードでPhoto_6 Photo_7ここを訪れた子供は、トラウマを負って大人にならないのかと余計な心配をしつつ

以前ネットのどこかでモーンセル海上要塞(砲弾)跡の壁紙になるような 綺麗な画像を見かけて、そこの名称が載っていなかったので 画像だけ目に焼きついていたのですが、今回載っていたので名前を知ることが出来ましたアニメだったかCGだったか ここを舞台にした映像作品をどこかで見たような気がするんですけど…(気のせいかな)。 いやぁ~格好良いもうファンタジーの世界ですねぇ

他は運河エレベーターに、チェルノブイリの廃墟写真 ミイラ博物館にリプレーミュージアム、GIGAZINEのメキシコの街並みも載っていました。面白かったです

また次、WORLD版が出たら買いたいと思います (ちなみに2巻だったかの読者プレゼントDVD「ザ・ダム」が当たった10人のうちの1人は私です(笑) 後の「団地」も欲しかったですけどね、さすがに外れ)

ちなみにソトコト8月号のが~まるちょばむっちゃ可愛いですPhoto_8

このまま、が~まるで続けるんですね~ ん~ふ

楽しみです


「続き」がないのに
、編集画面 触ったばっかりに「続き」がある表示になっちゃった…

という訳で、一応書いておこう

Image5471_2 ただいまネーム中で~す5つの短編ネタの、あっちにフラフラこっちにフラフラ…しては資料を集め~ネームを切り…していたのですが、まぁ多分(キャラも固まってきたし、テーマも決まってきたし)そろそろ今のでスタートきれるかと思います。(あまり名言は避ける)

ラシック5階クリエイトスクエアに7月18日(金)~27日(日)まで coppers hayakawa(親子)の『不思議な銅の世界』を開催です

私信:Mさんへ近くに来たらお勧めです♪

そろそろムットーニさんも、また名古屋に来てくれないかな~お会いしたいなぁ

|

« 環境を守るために | トップページ | 安藤忠雄 講演会へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ワンダーな世界はまだまだ沢山あるんだね~記事リンクの町並み凄いね。ちょっと生で見てみたい気もする~。
人間が造った絶景。ストリートデザインファイルシリーズも面白そうだね。

投稿: mai | 2008年7月11日 (金) 13時58分

WORLDの記事に自分の家を迷わないのかってあった(笑)今度見てみてね~
 ストリートデザインファイルシリーズは、大学の図書館にもあって昔マナハウスにもあった。手に取って眺めてはコンプリートしてぇって思ったものだけどしばらくしたら店頭から消えちゃってん。トラック描くとき、「デコトラ」だけ取り寄せたよ。デコチャリもあって、自転車をデコデコにしてヤンキー座りしてる中学生?高校生達な写真もあった(笑)

投稿: Natsumi | 2008年7月11日 (金) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ワンダーWORLD」を買ってきた♪:

« 環境を守るために | トップページ | 安藤忠雄 講演会へ »