« 荒俣 宏を見た | トップページ | 「靖国」を見に行ってきた »

2008年7月25日 (金)

「カウボーイ ビバップ」実写映画化!?

Image5251 GIGAZINEを見ていたら【今年実写版の「ドラゴンボール」を公開する20世紀フォックスが、日本SF大会で星雲賞メディア部門も受賞したSFアニメ「カウボーイビバップ」の実写映画化契約をしたそうです。「マトリックス」や「アイ・アム・レジェンド」に関わったアーウィン・ストフがプロデューサーになるということですが、配役はまだ不明。】と7/14のヘッドラインニュース。

本当ですか!?実写マジですかレッドドラゴンはビシャスは、リンは!?(いや、シンも)。ででで、出てきて欲しい。いや、でも大人びた米顔のリンなんて嫌だ。そうだ、韓流スターがやってくれればいい!スパイクをそもそも誰がやるんだ、髪形横にバーンだぞ?しなやかな肉体だぞ?ブルースリー的な肉体の…ハリウッドスター…全然思い浮かばん

タイムリーで見ていたのは高校生の時。民放で「野良犬のストラット」の第1話を見てから(のちに第2話だったと分かる。ゴールデンタイムでは全26話中12話がカットされ、後にBSで全話放送された)ハマり。毎週オープニング曲『Tank!』から神をも拝める気持ちで見ていた。高校の時はそこまでオタクなグループに所属していた訳ではなかったので友人の前でそういう話は控えていたのですが。

レッドドラゴンのリン(vo緑川光)が出てきた時はツボすぎて隠しようがなかった。登場した翌日からずっとニヤニヤ。「エヘヘウフフ…

一般の友人に「Naっちゃん今日、変~」と言われ。「いつも変じゃん」とオタクからのツッコミ。登場した早々「命をかけてお守りします。レッドドラゴンの誇りにかけて。」って言ってる辺りああ、来週死ぬんだろうなと思って、実際予想通りでしたが一週間幸せでした(笑)

ひよ子を 学校で貰った時は、「あはははは「ホラよ、地球土産だ。(byジェット)hahahaha!」と喜ぶ私に、普通の友人が「ひよ子、可愛いよね」と共感し。「いや、Naっちゃんは違うことで笑って…;」とオタクからの制止

この前職場の方から ひよ子を頂き またそんなエピソードを思い出しました。

ああ、GIGAZINEの記事で「思い出し興奮」しちゃった。でもってどうでもいい記事アップしちゃった(^^;(笑)

私信:フミちゃんへ☆大したことないかもしれないけど、明日明後日ラシックでF1の世界を体感できるイベント「“F”COMMUNICATION 2008」だって。見かけたのでお知らせまで

|

« 荒俣 宏を見た | トップページ | 「靖国」を見に行ってきた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

まーじーでぇぇぇぇぇー~!!?ビバップ実写するのぉ~?!あのアンニュイな雰囲気をだしてくれるのかなぁ?個人的にはスパイクは山崎まさよしなんだけどなぁ(誰も賛成してくれないけど)エドは、ただのパソコン好きのガキンチョって設定になりそうで怖いな…。楽しみだけど、楽しみじゃないような…。あなたの興奮具合が手に取るようにわかります…!F1情報ありがとうね~!今シーズンはフェラーリのライコネンとBMWのクビサを要チェックです!

投稿: ふみ | 2008年7月25日 (金) 14時21分

 山崎まさよしぶーッ(笑)
 映画化されたら、一緒にツッコミに劇場参りましょう姉さん
 何で山崎まさよし!?(笑)今度会う時までに、私なりの名配役考えておくわ
 うん、そうそう。楽しみのような…楽しみでない(笑)けどまた話題に上ってくれるのは嬉しいかぎり過去の話は絡んでくるのかな~。オリジナルかもね。(機体とかだけだそのままで、全然違う話だったりして…)
 もう何でもかんでも日本アニメ&漫画ハリウッド化ですね~
 う~ん、F1相変わらず何言ってるのか分からない(笑)クビサ…?この暑さでレーサーは死なないのかな(冷却装置とかついてるのかな?) ラブチュ

投稿: Natsumi | 2008年7月25日 (金) 14時41分

>個人的にはスパイクは山崎まさよしなんだけどなぁ

俺も俺も!!
絶対そうでしょ!!
ここにもいますよ、『スパイク・スピーゲル=山崎まさよし』派が。

因みに、フェイは菊川怜かな。

投稿: 陸奥雷 | 2012年1月28日 (土) 12時29分

うあぁ、懐かしすぎる記事にコメありがとうございます
そういえばこの映画化の話はどこへ行ったやら…

投稿: Natsumi | 2012年1月30日 (月) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「カウボーイ ビバップ」実写映画化!?:

« 荒俣 宏を見た | トップページ | 「靖国」を見に行ってきた »