« トライバルアーツへ行ってきました | トップページ | 日本初のベジ雑誌 「ベジィ・ステディ・ゴー!」創刊 »

2008年6月24日 (火)

健福へ行ってきました

Photo 名古屋で唯一、ベジ中華が食べれる店noodle 大須にある台湾素食料理 健福(チェンフー)へ、元上司のvirgoKさんと行ってきましたheart01

ここに行くのは5回目scissors 大須301ビル3Fup大須中華街の中にありますbuildingdiamondPhoto_2

肉・魚・卵などを一切使わず、野菜・大豆肉・大豆タンパク・大豆ミート・グルテン・ゆば・自家製おからこんにゃく等の自然食品を素材としnoodle普通の中華と同等の…いえsign01それ以上の美味しさを提供してくれるrock正統派ベジ中華のお店ですhappy02 clover

年配の男性eyeglassも食後「肉じゃなかったのかsign02」と仰天しeye肉食の男性に「あの料理の味があったら、肉をヤメられる」と言わしめたshine完璧なもどきっぷりです(日本語変だな)good

ベジタリアンになった直後はpig「スガキヤのラーメンと、餃子は別heart」とかほざいてましたが、だんだんヴィーガンになりbananaappleもう冗談でも肉なんてwobbly 食べたくなくなり。餃子はclover手作りしない限り、外では食べれなくなったので、ここに来るといつも春巻か餃子を頼んでましたが。(かつ椎茸ラーメン(みたいな名前)を2度ほど注文diamond) 以前フミちゃんが食べてたチャーハンも美味しそうだったしな~catfaceと思っていたところ、新たなセットが出来ていました。

Photo_3 Photo_4

五目そばセット 890円、安っsign03moneybag

しかも食べたい物テンコ盛りってことでこれにしましたlovely

しこしこの麺に、スープがまた美味しくて…deliciousスープを飲むレンゲも止まりませんでした。 食べてるこの時空間をmovieエンドレスに楽しみたかったですheart01 

チャーハンも餃子も絶品でしたkissmark ご馳走様で~すhappy01 heart04

japaneseteaここを切り盛りしているのはcat外国人の方。奥には丸テーブルの個室が1つありますchair(他の座席はファミレスな感じ) カウンターではソイ・ミート等の販売もしています。(東京・京都・名古屋のヴィーガンレストランガイドbook 500円で売ってました)Photo_5 Photo_6

何気にここはメニューが多くて(デザートも色々)notesなかなか全部制覇できませんhappy02今度酢豚(勿論、もどき)にも手を出してみようかなrunheart04

|

« トライバルアーツへ行ってきました | トップページ | 日本初のベジ雑誌 「ベジィ・ステディ・ゴー!」創刊 »

菜食」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健福美味しいよね~。記事みたらまた行きたくなってきたよ。酢豚美味しかったよ。
本格的な味で夜でも昼でもリーズナブルでいいよね~。
内装も本格的だし。
貴重なお店だから無くならないようにたまに行かなきゃだねnoodledelicious

投稿: mai | 2008年6月24日 (火) 15時14分

 あれwatchmaiちゃんがheart01
 うんリーズナブルだよね^^moneybag

 私が行く度にちゃんとあって欲しいので、大プッシュですshineまたすぐ食べにいきたいよhappy01

投稿: Natsumi | 2008年6月24日 (火) 15時40分

おー!
私も改めていきたいなー。
一度しか行ったことないんだよね。
その時は野菜のカシューナッツの炒め物みたいなの食べたよ。

投稿: Risa | 2008年6月24日 (火) 23時58分

 是非是非~heart04バンバン行って下さい。
 久しぶりに大須行くとやっぱり楽しいしね。
 野菜のカシューナッツ炒め?それも美味しそうねdiamond
8月2日(土)3日(日)と大須夏まつりだよwavecancer何やるかイマイチ知らないけどcoldsweats01

投稿: Natsumi | 2008年6月26日 (木) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/21857644

この記事へのトラックバック一覧です: 健福へ行ってきました :

« トライバルアーツへ行ってきました | トップページ | 日本初のベジ雑誌 「ベジィ・ステディ・ゴー!」創刊 »