« 一日目 小学館に持ち込みへ | トップページ | 三日目 浅草観光へ »

2008年5月30日 (金)

二日目 講談社へ持ち込みへ

二日目。講談社のアフタヌーンと月刊シリウスへ行ってきました。持ち込み予約をした際に、電話を受けたのが両方女性だったのでそう思っていたのですが。月刊シリウスの方は男性でした(「持ち込み担当」って電話受ける人が女性なだけでした)。
Photo

さてメトロを乗り換え 比較的のんびりした雰囲気ただよう護国寺へ

駅から歩いてすぐの講談社中に入ると、高い天井の上はガラスになっていて、植物園みたいでした(いい環境だなぁ) 最近の持ち込みは1時~5時までと時間を決めている出版社が多いみたいですがアフタヌーンは決められていなかったので、午前中に予約お願いしました。 受付で持ち込み予約して来たことを告げ必要な事を記入し、入館用のバッチを受け取りました(これがないと警備員に止められる)。

編集部に直接ということだったのですが言われたフロアに来てもモーニング等が見えるだけでアフタヌーンが見当たらない。おそるおそる中に入って尋ねると、アフタヌーンはその奥でした。

まんま編集部のど真ん中でした(わ~い初めて入れた) 机の回りに山積みにされた漫画や書類、壁中アフタヌーン関係のポスター(蟲師だ!蟲師だ!)にグッズ。社員が閲覧できるように、図書館の雑誌コーナーみたく 他誌の漫画雑誌がどーんと並んでいました(何故か編集部は人影なくガランとしていましたが)。

来てくれたのは20代くらいのふんわりとした綺麗な女性以下「スターランド」の感想。最初褒め言葉から入る辺り共感型の女性だなぁと。

一つの話を終わりまで分からせようと、キッチリ絶対伝えなきゃいけないことは伝わる作りになってるし、基本的なことは出来てる。

逆にそれだけにしかなってない。読み終わった時に、この話 何の話だっけとパッと印象つけられない。新人に求められるのは強烈な何か。プロでやっていこうとするなら、これはっていう武器がないと。「絵格好良い」でも「斬新」でも「こんなおもしろいキャラ」でも「ベタな設定だけど水水しい感情表現…」とか何でもいいんですけど

(GXの時と、「この作品の肝」だと思われて指摘される部分が違いました。この方には、感情的変化があった部分がそうだと思うと指摘されました。)(ちなみにP18演出が弱い。印象に残るシーンにしないと、心の悲鳴を響かせないと、P20に繋がっていかない。彼が何故共鳴するのかを描いてない。)

何となく読んでいて、ハッピーエンドになるだろうなという印象がある。例えば水戸黄門でも、分かっているけど面白がってもらえるかのピンチ加減。もう目的が達成されないんじゃないかって思わせる。そこら辺が薄味になってる。でもこの話はP32でいい(あとP27のとこ分かりずらいと、ホワイトが控えめなのか、違う演出の仕方があるのか、彼の説明台詞入れてもいいし…)

今後の修正の仕方として「肝だと思われるシーンのPを増やしてみせていけばいいですか?」と聞いたところ、P数ではなく、ドラマ・しかけで食いつくものを持ってくるべき。完成原稿で修正は大変だけど。」

ネームを切った後は予期しなかったことが出てきたり、思ってたより膨らみすぎたとかあると思うんですけど。切り終わった時に、今回自分が一番何を描きたいかを探り直した方がいい。話のポイントが隠れてしまうから、どれにしようと選んだ方がいい アクション描いて、色気出して、スリリング出して…とっちらかってる。(メモ読み返して気づいたけど…「色気」って言ってくれたんですか*T▽T)

この気持ちになってもらえばいいとか、それに定めて、それに対して不要なものを足し算していく。話の核に向かって全てを集約する。それを意識して一コマ一コマ見直していくと、不要なシーンが見えてくる。「あったらあったでいいけど、なくても影響ないな」っていう部分。

それから…ラフナマリアを見ていただきました 「うん…やっぱり…」と続き、

物語の流れを構築することと、人と人との感情のやりとりを描くのは 実は別物。話の流れをおっていれば、感情が伝わる訳じゃない。主人公の感情を描きたいと思っているのなら、描かなさすぎる。話の筋を追うことで手いっぱいな感じ。P22で主人公が言われた「自慢することかね」は読者に対して良いフックになる。きっと誰にでもあること、共鳴できるところだから、その台詞の後でなんとなくの処理にするのは勿体ない。

異世界に入り込んで、主人公のとまどい憤りで まず引き込まないと、その後の冒険にも引き込んでいけない

行動や言動をしてはいるけど、紋切り型すぎてこのキャラに入っていけない。パーソナリティがあやふやなまま始まる。例えば芸人は「クセのある話し方」とか「一芸ある人」とかインパクトがある。マンガキャラも何か一つ過剰な側面を作ってあげる。『おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ著)は、天才だけど根暗で卑屈。目が合わなくてどもって、挙動不審。それくらいの味付けしてあげるといい。彼のコマでそれだけで引き立つし、分かりやすい味付けになる。少年漫画は特にそう。何かしらこういう人なんだってパッと分かる。

どういう引き立て方をすれば、冒険(話)が引き立つか。それに対してどういう性格づけをしてあげればいいのか。キャラが確立されてからこその冒険

男爵が好きだった人の話か、児童書の犬の話か、どっちかはとった方がいい。主人公が(机に向かって)頑張るシーンは一括に固める。P40後半くらいには収まりそう。絞り込むってことと、キャラを立てる上でキャラの感情のやりとりを演出してかないと。

「ラフナマリアの絵の方が良いんですけど、この間に何かありました?」

「Gからスクールペンに変えたんですけど。」

「あ、それでかなぁ。。スクールペンにまだ慣れてないせいかは判断つかないけれど。ラフナの方が描きたくて描いてる気がする。話の出来不出来は別にして、ラフナの方が背景とか断然良いし」 (それは…何もない荒野と宮殿内部っていう違いもあると思うんですけど^^;) 「画材は描きたいものを描くための道具だから使いやすくていいなというのをチョイスしていけばいい。」

【アフタヌーンの画材】は何でも構わないそうです。いい絵を描ければ。印刷に出れば。

あと漫画賞の中で唯一カラー原稿を受け付けているアフタヌーン漫画は出来ればフルカラーで描きたいと(トーンって画材と相性悪いもんで…)思ってる自分なので今後の為にカラーを出したら、どうなるのか聞いておきました。

「カラーは200本来るうちの、5本か10本くらいですかね。カラー作品が賞をとったら…?とったら……どうなるんだろう。 少なくとも結果発表の(モノクロの)ページにカラーでは載せられないですよね。 まだ前例がないので、賞をとったら それから編集内で検討するんじゃないでしょうか。」

とのことでした 撤収する前、編集さんがゆったりしてらしたので。「アフタヌーンの漫画賞は 年齢層30代とか、高いですよね。」と話をふったら。「そうですね…、大学生とか10代とかもいますけど。まぁ年齢で切ることはありませんから。」との話でした。Photo_2

アフタヌーンで癒されつつ御礼を言って編集部を後にしお昼へ向かいました。 (ちなみに講談社近くのジョナサン)

午後は月刊少年シリウス

冒頭で書いたように見ていただく方は女性だと思っていたのですが。現われたのは横に大きな男性と、細い男性の2人「イレギュラー的ですが今回二人で見せていただきます。」とのこと。どこかで『新人の編集さんもいて2人だった』っていう話を見ていたので、驚きはしませんでしたが。「煙草吸っていいですかヘビースモーカーでして。」って台詞に条件反射で「はいっ」って答えたんですけど。 って(後から台詞を認識する奴) エエーー!Σ(゜ロ゜;)見ていただく場所になったのは、喫煙室の中。今回の一番見ていただきたかったのが シリウスさんだったんですけど。イチ早くこの場から抜け出たいという衝動にかられつつ(でも煙がまだ空気清浄機に吸い込まれていってたから助かったかな…)。 

大きな方は私より年齢上だと思ったんですけど…。その場の3人ほぼ同い年ということでした。(ジーザス)大きな方が小さな方に見た原稿を渡しつつ、見られていました。私が渡された記入表には、「シリウスが良いと思ったところは」とかありました…すみませんそんなに詳しくな…

緻密に作られている作品。1コマ1コマに情報量がある(私が映画好きと知ると→)映画的雰囲気漂う作品。だけど緻密さがネック(やけにこの方は、背景の話を突っ込んできました)一番大切なのは読みやすさ、どこでそれが行われているか、背景にコマをさかないと。一番説明がいらないのが東京を舞台にした作品。外国を描くなら舞台を説明してから。キャラクターがどこに立ってるか、自分でもキャラを認識するのに必要。読者と共有した上でじゃないと。一つ一つの絵の格好良さを追求して。アングルとかで、(原稿に描いてあったトラックの→)ラジオとかでも格好良くかける。動いてる映像と違うから、どういう印象持つ町なのかとか突き詰めていかないと。舞台作りやった上でドラマが成立されていくから。例えば 海外の写真集見てたら、楽しかったりするじゃない、その世界のいいイメージを連鎖させていかないと。(アメリカだったらアメリカの男くささとか)高い美意識を作家さんが持っていれば、構成は編集でもできる。どういうビジョン、絵作り、キャラをリアルに感じで描けるか。

少年漫画と青年漫画の違いは、キャラが主体かどうか。普通の人が主人公でもいいのが青年誌。少年誌はほら、夢がなくなるから愛せてスター性があるかっていう。主人公(タク)が希薄で彼と一緒に目的を達成したいとか思わない。やりたい世界ひっぱってくるなら手抜かれてないこだわりが必要。このコマのどこ見て、何を感じでほしいっていう狙いが足りない。

最初のシーンなくてもいい。(イキナリ落っこちてきても) 主人公の雰囲気をまず出さないと。二人一緒には情報過多になって無理。これはラピュタの冒頭をそのまま使える内容はパクっちゃ駄目だけど、構成はいくらでもパクる。

どんな絵を描けばいいか検討すると、とんがった面白い絵作りになる。真面目に描いてる感じなので、仕掛けてやる

私が少年か青年かという話では「ちょと青年誌かな。青年誌に比べてキャラクターっぽいとこもあるけど。少年漫画に興味があるなら、キャラに掘り下げて。」(ちなみにGXでは「これコレこうなって…っていう説明的な漫画じゃないから、少年誌じゃないかな」と言われました。)

最初に面白そうだと思わせたら、読者は読んでくれる。その後の展開は自由。

ラストはどういう印象で読み終わって欲しい、どう思わせたいっていうのを明確にして欲しい。

頑張るキャラが主人公。頑張って目的が達成されて、読んで良かったなと思う。頑張らないキャラは悪役。 キャラにケレン味が足りない、彼の描写が地味な印象。

絵は良いもの持ってると思う。知らない人に向けて描くのが足りないのかな。ハデさが感じられないから、弱い。

最初大きい方ちょっと強面だと思ったのですが、私に共感しながらの指摘をしていただきました。二人分意見が聞けてラッキーといったところでしょうか。お二人の意見が違うあたり、「シリウスが求めてる漫画は何ですか?」と私が聞いたところ「何…でしょうねぇ。多分その答えは、編集さんによって違いますよ。」と言った答えの裏づけのようでした。

で、ラフナとチベットもぱぱっと見ていただきました(ありがとうございます)

ラフナマリアは「女子向け」だそうです。「架空の世界で、格好良い男が出てきました。…嬉しくないもんね(笑)」(こんなアン○ェリークの眼鏡みたいなキャラを描いたのは、これが初めてですが…(泣) (少女マンガに送るか(苦笑)

目的をしぼった絵と背景作りをする、どういう読者・誰に向けて描くのか、誰に響くハデさなのか計算しないとスベっちゃう。奈良のマスコットは、どういう人に向けてのデザインかっていうのが無いから、独りよがりなのであって。

一般的な感覚求められるから、変な世界を描く武器を持っていても、出し方が大切。その舞台(チベットとか)が面白いなと思ったなら、そう思わせる入り方を読者にさせる。でないと単に分からない作品になる。

【シリウスの対象年齢は】中学・高校生  【画材は】何でもOKとのことでした。

シリウスでは、世界観を否定されなかったのが救いといったところでしょうか。そしてこれで全ての持ち込み終了。結局どこにも渡せずに終わりましたが、(アフタヌーンでは「編集者によって違うかもしれないですから置いていかれますか?」と言われましたが。)またP32の方は手直しして、アフタヌーンか何処かに送るかもしれません。

今回ハデにヘコみましたが行かなきゃ気づかないままでしたし、今回行ってよかったと思いました。帰りの新幹線で「皆はどこで漫画家になるのを諦めるんだろう」と考え悲しくもなりましたが、とりあえずネタが尽きない限りは続けようと思います。(次の短編ネタ5つあるし) ただ今回頂いた意見を消化して、反映できるかっていう…自信はまだないのですが、次はネームを切り終わった時点で検討を重ねたいと思います。(誰か相談していい…?)

この後、ローテンションなままAヤコたんと、東京観光(笑) 携帯のネットで調べたら飯田橋にJTBがあったので乗り換え途中で立ち寄り翌日のぶらっとこだまのチケットをとっておきました

Photo_4

Photo_6  

Photo_5せっかくAヤコたんと一緒だしってことで、秋葉原で待ち合わせ。

2キロの原稿はロッカーに預け「今、何が見える?」というやり取りを繰り返し(笑)(私が変な所にいたんですわ)合流

映画「電車男」の最後のシーンは(看板、合成入ってたと思うけど)あの辺かなぁとパシャパシャ どこへ行くでもなく行き当たりばったりでアキバを回ってきました パフォーマンスの規制が強化された後だったんで、そういうアキバらしさを見かけなくて残念でしたが。 Photo_8

フィギュア屋で、アリスのティーパーティ探してきましたハンプティ・ダンプティが欲しかったんですけど、満足(左上の方はだたの悪ノリ)(笑)

翌日は浅草観光に行ってきました 

つづく

|

« 一日目 小学館に持ち込みへ | トップページ | 三日目 浅草観光へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漫画制作」カテゴリの記事

コメント

おぉぉ!東京話!!
みっちりお話してきたのね!
かなり詳しく書いてますが何か見てはいけないものを見てしまったような気も・・。

漫画もさすがにセオリーがあるんだね。
少年漫画のキャラづくりか。
ナルホド~。

漫画作りってかなり理論的なものなんだね。

私にはとてもじゃないけどできる作業じゃないってことがよくわかったよ^^;
(う~ん、でもデザインも理論的だしなぁ。何か私も自信なくなりそう・・・)

とにかく身体的にも精神的にもお疲れ様でした!
少しは立ち直ったかな?


投稿: Risa | 2008年5月31日 (土) 00時18分

 見てはいけないものって?(苦笑)(パクリのことかな)
 う~ん、夢の壁が大きい程、漫画家の偉大さを実感するといったところでしょうか。漫画家になりたい人も多すぎるしねぇ。(言われたこととは関係ないけど)
 いやいやいや、デザインはビジュアル以外では語らないし、頑張ってちょーよ

 ありがとう…少しは(苦笑)

投稿: Natsumi | 2008年6月 2日 (月) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二日目 講談社へ持ち込みへ:

« 一日目 小学館に持ち込みへ | トップページ | 三日目 浅草観光へ »