« 日々徒然 | トップページ | 「男鹿和雄展」見てきました »

2008年5月 6日 (火)

「人喰★サーカス」を見てきた

Photo

5月1日リサッチとフミちゃんと観劇に行ってきました

場所は鶴舞高架線下、50席しかない極少のクラブハウスK.D japon (ケーディ・ハポン)」

高架線には電車が通るので上演中もたまに頭上を「ゴオオォ」と音が通ります。(何故かいつもいいタイミングで♪効果音のよう)

劇は多彩な舞台活動を展開している原智彦の作・演出・音楽・美術・振り付け・主演の「ハポン劇場シリーズ」第3弾。

前作「北斎とお栄」をリサッチと見に行った夜幻想世界へとトリップさせられ ドツボだったので今回はさらに混沌っぷりに拍車をかけそうな、サーカス だしってことで遠方のフミちゃんも誘いし3人でレッツラゴー

Photo_2PhotoPhoto_3Photo_4

Photo_2 電話予約して行きましたが 席が決まっている訳ではないので 早い者勝ちです。いかんせん狭い劇場なので、開場時間に行ったらすでに並びつつ入場してました。

入口前でピエロが演奏する中2500円に別途ドリンク代500円が含まれた3000円分を入口で支払いドリンク引き換えの おはじきを貰い手の甲に入場のスタンプを押してもらい中に入ります。

舞台前辺りの席はすでに座られてました。ちなみに2階席は迫り出してる狭いバルコニー席で、(人一人ギリ通れるくらいの螺旋階段を上がる…) 今回座ったのはその下。 前回の鑑賞で演技は 舞台上とその右側の壁を使うと分かっていたのでその対角線上の奥(いざとなったら立てる)席をとりました。

前作もそうでしたが、会場は壁から舞台から天井2階席まで最大限のサーカス仕様クリエイティブな空間に芸大を思い出しました

500

お酒は最近飲む気がしないのでソフトドリンクの中で高そうなマンゴージュースを引き換え、冷たいグラスの雫を手に感じながら 暗くなり上演開始

開始直後の1・2分であまりの格好良さに口をあんぐり開けたまま涙が出ました。(質の良い作品を見ると涙が出る私…^^;)

物語は近未来のルールに厳しい国。「赤紙」が来ると人一人消えなければならない。その赤紙がサーカス一座に届く。消失する人間に「ブランコ姫」が選ばれ彼女を送り出す為に仲間達が今生の芸を見せる。

シャム双生児のダンス、人間の奥底をのぞく男のコント、蜘蛛女の相撲、額縁美人の鳥のさえずり、ジャグリングをする男… サーカス一座の芸を通して死生観と生命賛歌が浮き彫りになっていく生命の連鎖劇。(一部朝日新聞より抜粋)

のぞき男のコントで後ろのバーの柱に頭をゴンゴンぶつける程 爆笑しシャム双生児のダンスはもとより、その後ろに揺らめく二人の幻想的な影にもうっとり

格好良い音楽出し惜しみのない表現方法今回は前回以上にあっと驚かせてくれました(特に演出に度肝を抜かされました)。これをDVDで撮っても感動は半減するんだろうなぁと思いながら、リアルな幻想世界に酔いしれました

劇中の台詞は必要最小限で、詩的で抽象的。受け取り方も人それぞれ、イマジネーションを働かせながら、物語を受け取っていきます。

最初は一座の楽しげな芸の中で、赤紙を受け取る意味がよく分からない程度でしたが、ブランコ姫が去り、そしてまた……後半繰り返されるエピソードに郷愁と哀愁が伝わり泣けました (まっすぐ見つめながら、ボロボロと)

今回ラスベガスの世界ジャグリング大会で銀メダルを受賞したジャグリングのお兄さんTempei (21才)が初芝居で初参加しているのですが、その技にも見とれるしまた悲哀の抑えた演技が良かったです。(格好良いし…)(萌えました)

その日の夜はドキドキして ニヤニヤして魅惑の世界に魂奪われたまま、寝つけない夜でした

「人喰★サーカス」22日までの追加公演決定 これは本当に行けたら見に行った方が良いですお勧めです

Photo_3

Photo_4Photo_5ちなみに開場前の夕飯は、イオン千種のイタリア料理のバイキングポルトフィーノで食べました。 ここ料金が安い割りに質が良いです野菜料理が多いし、数種づつあるのがパスタとピザ、私の好きなガーリックトーストもあってスイーツも美味しい。ドリンクバーは別途150円。

駅から少し歩きますがね

|

« 日々徒然 | トップページ | 「男鹿和雄展」見てきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よかったねー!
次もまたゼヒ行きたい!!

なっちゃん、泣いてたのかー。
気付かなかったわ

今回はべジ的には食物連鎖(?)的な、メッセージに共感しましたね

Tempei君かっこよかった

投稿: Risa | 2008年5月 7日 (水) 22時15分

 第4弾も楽しみですね~さらに混沌とした題材を期待したい(笑)
>気付かなかったわ
って暗かったからね(笑)

食物連鎖?そうだね、命の雫が…ってあの水晶もロマンチックだった。見る人それぞれ見え方が違ってくるんだろうね。かなり私はファンタジーのように感じましたが

エヘまた覚える名前が増えましたね。多分あのシチュエーションと演技だったから、ぐっときたのだろうけれど


 

投稿: Natsumi | 2008年5月11日 (日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人喰★サーカス」を見てきた:

« 日々徒然 | トップページ | 「男鹿和雄展」見てきました »