« 「人喰★サーカス」を見てきた | トップページ | 佐渡島土産 »

2008年5月11日 (日)

「男鹿和雄展」見てきました

198620741_3 早めに行っておかないと、今月は行けなくなるだろうなと思い、半分仕事・半分休みだったGWの最終日に見に行ってきましたrun

スタジオジブリ作品の背景美術を支えた第一人者、男鹿和雄(おが・かずお)初個展clover

とにかくものすごい人と、ものすごい数の作品量でしたcoldsweats01 冒頭は和雄氏が昔pencil美術監督や背景を手がけた「ガンバの冒険」「あしたのジョー」「幻魔大戦」 「はだしのゲン」「カムイの剣」「時空の旅人」「妖獣都市」等のカラー画があり、すでに圧倒されshine感動しました。松坂屋美術館 お手製の森を抜けるとxmasxmasジブリ背景コーナーへ突入houseサツキとメイの家の絵の前では行列していました。(皆様 もっと 空いたとこから見ていこうよ…^^;)

「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」「紅の豚」「平成狸合戦ぽんぽこ」「耳をすませば」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「猫の恩返し」「ハウルの動く城」と続き…

最後は出版物で手がけたイラストや挿絵book 吉永小百合/編『第二楽章・長崎から』や、戦争童話集 沖縄篇『ウミガメと少年』絵 などがありました。いつもの松坂屋美術館の倍以上あるイメージでwobblysweat01「まだ終わらないのsign02」と思いながら(じっくり見るには2時間くらいいるんでしょうか)、最後の方は時間もなくrunパパパッと見て終了。回りはpencil普段描いてるだろう人の会話と、感嘆の声。外国人観光客。「トトロいな~いsign01poutと言う子供の声sweat02(背景ですから…)(セル画も少しあるけど)

最初の方にあった「時空の旅人」だったかな?の 紺色の古ぼけた社の(正面構図)絵に惹かれましたmoon2他にも色々…欲しいと思った原画がありましたよ。人の絵ってそんな欲しいheart04って思う方ではないんですけどね。

展覧会カタログは 2800円 (この時の私の所持金moneybag 1500円…) 絵が少し小さいイメージでした。私は男鹿和雄画集II(ジブリTHE ARTシリーズ)」徳間書店出版 を事前に見て行ったのですが、画集に載っていた作品はほとんど展示されてた印象でした。実物を見ると、思っていたより原画が小さかったりしてdiamondeye(この表紙の絵もね)。

tulipvirgotulipvirgotulipchicktulipvirgotulipvirgotulipchicktulipvirgotulipvirgotulipvirgotulipchicktulipvirgotulipvirgotulipchicktulipvirgotulipvirgotulipvirgotulipchicktulipvirgotulip

今日は 母の日ですねribbon 両親の結婚記念日○周年も兼ねてrestaurant食事に誘ってきますrvcar

持ち込みpen予約とりました。22、23日 2社4誌を回ってきますrun 東京にいるA子たんの許可もいただきましてnight一泊してきま~すhappy01paperheart04ぐしし。 傷心旅行にならないことを願いつつ。ラストスパート頑張るぞうup

|

« 「人喰★サーカス」を見てきた | トップページ | 佐渡島土産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491025/20890241

この記事へのトラックバック一覧です: 「男鹿和雄展」見てきました:

« 「人喰★サーカス」を見てきた | トップページ | 佐渡島土産 »