« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月23日 (日)

夢を見ると…

Photo_2 夢の中で鑑賞しながらnight 面白さに興奮するheart02

sun起きてから…気づくeye

今のは夢だったのかsign01「なら私しか見てない!?やありィ!パクり放題だゼsign01goodshine と夢だったことに感謝するpresent

bus 行きのバスの中で note ロングライフミュージック(ZIP)を聴きながら内容をメモる。Image4551_2

ビジョンや内容は覚えていて、描き出せるpencil …ケド。

何がそこまで 面白いと思わせるポイントだったのか、思い出せないcarouselpony 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

チベット暴動

連日のチベット暴動ニュースに心痛めてますtv

暴力を振るわない民族の悲しみと憎しみを溜めさせたのは、誰なんだ。

正確な情報が入っていない分、取り締まる武装警察がデモ参加者だけではなく、チベット人への嫌疑や暴力を見えないところで始めたら…と思うと悲しくてたまらない。(恐らくもう始まってる) ラサでデモの攻撃にさらされて破壊された、漢族の店や家族も悲劇でしょうが。

きっと100名以上はもう亡くなっているのでしょう。

以前ユーチューブにpc インドに向かって雪山を歩いてるチベット人の列に、中国国境警備兵が発砲した映像が載っていました(13歳の少年死亡)。

ラサでは「チベット人お断り」の看板を掲げる店もある。

自国の国として占領しておきながら、「チベット」の文化と人権を下げすむ国。

チベットには行きたいと思うけれども、青蔵鉄道でラサに入って観光を始めるのがチベットにとっていいことなのかなと考えてしまった(今は行きませんが)。チベットのことは、本と写真で吸収して(短編を2本描いて)、思い入れlovelyがあるだけですが。(チベット語のCDも買っておいて勉強してない…)

人命を奪うなら impactオリンピックなんかやめちまえ。

でもこれを期に、チベット解放sign01っていう話には…ならないのでしょうね。逆にダライ・ラマを攻撃する材料にしないか今後心配です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

日常徒然

車窓からyacht流れる景色を眺めるのが好きなのでnotebus 最近すっかりバス通勤music

バスを待ってる間eyeトラックを目で追うのに忙しい。

penトラック室内の天井部分(の前の方)が分からなかったので、バス停前signaler 信号で止まり発車する前の、少しデコの入った大型をじいっ…と見たい角度が見えるまで 見上げていたら。

トラッカーのお兄さんがwinkスマイルで手を振ったpapershine

わたしゃrvcar「ゴミしゅ~しゅーしゃ」が見たくてhouse家の前で待ってる2歳男児か。

Image2991_4

run徒歩途中もdangerデカイ工事車両を見つけるとサササと近づいてって、こっそり中を覗く私は怪しいことこの上ない。

いつまでもそのコマで止まってる訳にもいかないので、もう半ば想像で描いちゃいましたけどねchair

Photo ちなみに母のairplaneタイ土産。「珍しくパン屋さん見かけたからpresent」と

紫芋が入った食パンbread 甘くて芋味が香ばしくてdelicious ウマウマ頂きました。

タイのは何でも甘いそうですcrown

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

「ジャンパー」の試写会へ

Photo_2 movie先週行ってきました。

テレポーテーションの短編pen描いてるタイミング上clover公開されたら行くと決めていたのですが(映画館行ってる場合でも無いのですがcoldsweats01)mailtoまた見事当たりましてscissors参考までに。

良作diamondでしたが、思っていた以上の大作ではありませんでしたtv映画情報番組 Hollywood Expressの映像でeye見ていた以上のものはなく。

「ジャンパー」を狩る、サミュエル・L・ジャクソン演じる謎の組織「パラディン」が案外impact残虐非道なんですが、そこまでする目的意識がよく分かりませんでした。「神だけが持つ力だ」とか『狂信的集団』とか、それだけのフレーズでキリスト教圏の人は理解出来たのかしらん。

それにしても主人公spade若き日のダースベイダーを演じたヘイデン・クリステンセンは、チョイ悪役が似合うなぁとgood

金庫に銀行強盗に入ってdollar「袋が小さいな」って自分のhouse部屋に戻るのに 笑えましたが。

冒頭から展開早く、恋人とのラブロマンスvirgoheart04や両親の存在、一応最後明かされる結末ってのがありますが。テレポーテーションを扱った 最初の映画としては、これが目一杯かなぁとchair

この映画に何が足りないのかbus night 帰ってpen自分のジャンパーを描きながら考えてたんですが。「ああそうかコレ…。run出来たら次回作作りたいなdiamondっていう作りだったんだ。」って気付いた。 監督slate「ボーン・アイデンティティー」の人だし。

「前作では明かされなかった秘密が…!」

「主人公に迫り来る新たな敵…!」みたいなことをupwardright ヒットしたらやりたいんだろうなぁと。

最近ハリウッドは、シリーズものばかりですね。それ一本でも完璧な映画としてshine成立してて欲しいんですが (一応「ジャンパー」…してはいますが)。まぁ次回作tvって展開になったらeyeそれはそれで見たいですが。 

続きを読む "「ジャンパー」の試写会へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »